19 カトマンドゥの最近のブログ記事

自動更新です

なにごともなければ カトマンドゥへ 

バスで移動中です

カトマンドゥへ

なにやら 途中で 1泊つきの

36時間の行程だそーです

バスで 36時間て

すげー つかれそうでしょ??

 
なので 着いたら しばらく ダウンかもです

でわでわ 

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ  

まだまだ カトマンドゥからの更新です

すげー お尻がいたいのです

貸し自転車で 観光スポット ちと見にいったのですが


ふだん ママチャリしか乗らないもんで

細いサドルの自転車が こんなに お尻にくいこむなんて しらなかったなあ

これも 慣れなのかね?

22

足が地面につく自転車もなく 止まるたびに ななめになるので

それも つかれたし


くうう ママチャリなら 最強なのになあ~

自分の自転車なら 気持ちよさげなのになあ~


てな 愚痴でした!


でわでわ


シンガポール編 のつづきです


====================================

■シンガポール07 シンガポール3日目の徘徊 旅立ちから24日目


本日は こんな 食事から始まります

qq01

春巻き おかゆ

あとは 写真を見て 味付けたまご と勝手にかんちがいした

謎のお菓子


仙台の銘菓 萩の月 に似た味でした


さて 電車に乗ってブギス て駅にやってきました


ブギスストリートてのがあって そこで Tシャツとか安く買えると聞いたからです

ここまで来る段階で 白いシャツは 駄目だ!! て 思い

全部 黒にしよう おもうたからです


理由はカンタン! よごれがめだたないからです

リュックの容量の都合上 Tシャツは3枚までしかもてないので

ここで 総入れ替えです


いままでのシャツは ここで捨て! です

いま思えば フィリピンか インドネシアで 入れ替えて

スラムの子に寄付すればよかったなあ と ちと後悔


買ったTシャツ ちと おもろいので いずれ紹介しますね~


てなわけで 駅についたのですが

qq02

むう? ブギスストリートないぞ~~??

おもうて地図を見ると 反対側の出口に出たみたいです


お! なんだ すぐ近くにラッフルズホテルがあるのね!!


じゃ ちと みにいこ!!


テクテク歩きます


ここも前に見てるのですが 車に中から見ただけなので

じっくり 見てやりまそ~

qq03

観光ぽい人が 何人か写真撮ってましたが

見れば見るほど 写真撮るほどのものか~?


とか 思いつつ まじって 撮ってます

qq04

お ホテルマンの衣装 かっくいいな!


スマイル スマイル スマイル と 3回ほど言いましたが

qq05

これが限度のようです


これでも かなり がんばって 笑ってるのです

qq06

西側から まわりこみ

qq07

中庭にある レストランを見にいきます


もちろん 見るだけです

qq08

ここは 有名なカクテル「シンガポールスリング」発祥の地

お酒ネタが好きなわたしは この部分だけ 感動!!


おかいものも できます

qq10

もちろん 見るだけです

qq12

ロレックスとか はいってますね

窓からちらっとのぞくと えらくゼロの数が多いプライスカードが見えます


でも ご安心あれ

わたしは 400ペソ(800円くらい)でロレックスが買える


いい店を知っているので

興味あるかたは おしえてあげます

qq11

階段とか 昔の建築のままなのか


近年に 昔の建築を意識して作ったのか 謎ですけど


妙におもむきがあります


ここに 50%OFF!! だの 激安 一斉閉店セールてなポスター

貼付けてやりたい気分です 



そろそろ ブギスストリート目指しますね


駅の反対側にいきます

qq13

ここは 駅ビルみたいなかんじです


ここを抜けて 道をわたると


ブギスストリートの入り口です

qq14

ここも 屋根付きの竹下通りなかんじですね

qq15

性趣商店 てのがありました

qq16

こいうのって 中国語で書くと なんか なまなましいのだな


性 の おもむき の 商店なのね


お買い物を済ませ 反対側に抜けると 突然 食材屋さんがあります

qq17

なぜ ここに?

てくらい 浮いてるのです


さてどうしよか??

あてもなく さまよいます

qq18

なんでしょか?これは? 団地???

ここ ぜったい 住みたくないなあ


クネクネ曲がったりして歩いてると

qq19

インターネットカフェがズラ~ て並んでるとこに きましたが

ほとんどシャッター降りてます


もう 昼すぎだぞ~~~


あちゃこちゃWi-Fi飛んでるから 需要なくなって つぶれたとかかな?

旅人には つかいずらいWi-Fiですが

qq20

このあたり どうも インド人ぽい人だらけだなあ

qq21

おもうてたら リトルインディアて駅をみつけました


リトルインディアてのは もうちと混沌としてて たのしげ!! おもうてたので


わりと いくの楽しみなほうの部類 思うてたのに


いつの間にやら きちゃってたのね


おもいきり つまんないし なんか がっかり

どっかに 混沌エリアあるのかな?

もしかすると お祭りがあるとか

宗教的な お休みデーだったかもね 


しかし この街 駅と駅の間隔 すげー近いのだな


むううう~~~

昨日 今日ウロウロしてて

つまんなすぎ!! さっさと マレーシア行こう!!


おもうたので


今日はこのへんで 宿の方に戻って ネットで 鉄道予約しよう!!


「自分のラップトップ使えますか~?」

「ノ~」


4件のネカェでことわられ ました


くそう 融通の効かないやつらだな


しょうがないので 5件目は なんも聞かないで

奥のほうの 目立たない席を確保し 勝手にLANケーブル差し替えましょう

qq22

しめしめ です


マレー鉄道のサイトを開き 予約開始です!!


むむ??


ぎゃああ まじかよう

5日先の列車まで 予約いっぱいぽいです

人気路線なのだな?


しのごの言うてられません 5日後のやつ 即予約です!!


E-チケットのデーターを メモリスティックでネカフェのパソコンに移動し


しれ~~ っと 「プリントおねがーいしまーす」 で 完了です!!


うううう

あと 5日も ここで なにすんだよう~~~

と ちと絶望的な気分です


まあ しかたない!! メシ食うてかえろう


このネカフェの横にも カレーラーメン ありました

qq23

また それ食うのかよう!!

と 思うでしょうが


げきうま!! なのです


でわでわ

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ   

カトマンドゥからの更新です

遠い異国の地より  キャノンさんの新作 7Dへの

物欲が ふつふつと めらめらと 燃えたぎっている

今日 このごろ です
 

さて あまりの おしりの痛さに

自転車は やめ スクーターを借りました

こりゃ いいねえ

www

でも 街を出る主要道路は ほとんど渋滞してるのねえ

街を出るのと 入るの のぞけば 快適なんだけどねえ


では シンガポール編のつづきです


もう ずいぶん前になるね


35日ほど前のオハナシになります


=================================================

■シンガポール08 4日目の徘徊 旅立ちから25日目


本日の朝食は こんなんです

ww01

インド料理屋さんなのですが

チャパティの生地に マッシュルームと 卵のせて 焼いたもの?


オムレツ 思うて 注文しましたが おいしーから いいか


んで これが 強烈です そーとー 濃い味

ww02

『茶』てだけで 買ってしまいましたが

羅漢果?? ていうのかな??

なんか 薬 飲んでる気分でしたが

のど乾いてたので 我慢して 飲みました


今日はシティホール駅で 乗り換えまして

ww03

ノースイースト線の プンゴルて駅にいってみましょう

まあ 北東線だね

得に理由は ありません


終点にいってみよーシリーズ~的な気分です


改札口の中からですね 景色見てみると

あまり下車したい気分にならなかったので 降りませんでした


この駅の一番上の階にあがると こんなんが走ってます

ww04

こんな線路の上を走るのです

ww05

こいうのは なんて乗り物なのかな?

この のりもの 運転手さんが いません

ww06
 

無人で こんなかんじで 住宅街を周回してるようです


のってみましょう

ww07

中はこんなかんじ~

ww08

右側 なんもないですね

狭い国なのに 土地は あまりまくりぽいです

ww10

反対側は こんな 同じようなビルだらけ

ww11

工事だらけなとこみると まだまだ こんなんが建っていくのでしょうね

ww12

ww14

みなさん このようなとこから 中心部にでてきて 仕事して

また夜になると ここに収まるかんじでしょーか


他の東南アジア諸国と違って 横に広がるスラム街的なものがないぶん

縦にガンガンのびてるかんじですかね


なんか 不思議だなあ どんなシステムなんだろか?


こんだけ統一感あるってことは

民間の建築会社が販売してるマンションて感じじゃないよね


そーいえば シンガポールには

ff09

あちこちに こんな国旗だらけの団地みたいのあるけど


これは 住民の意思?


国営住宅だよ~~ て しるし??


これ 日本国旗だったりしたら なんか こえー光景だ


んなわけで この無人電車も下車しなかったので

イージーリンクカードの残金も減らず

ww15

こんどは 反対側の終点 ハーバーフロントてとこに きました


こいうのも キセル乗車ていうのでしょかね?

反対側の終点 いうても たぶん 20分ちょいで 着いちゃうかな?


駅にくっついてるショッピングモールで カルボナーラ と トロピカルシェイク

ww16

合計 18シンガポールドル(1200円くらい)


ハーバーフロントてくらいだから 港なのね

ww17

ここは 船の乗り場みたい

インドネシアとか いく 国際船のようですね

ww18

これで インドネシアから来たら おもろかったかもなあ と ちと後悔


外にでると でけー船 停泊してますね

ww19

豪華客船てやつですね


なんとなく こいうのは一生 縁がなさげ な気がするねー


あ! 上通ってるケーブルカー? のってみよ


セントーサ島という観光島にいくやつですが

前にそこにいった時は 電車だったので


上からの 眺めを確認してみましょう


チケット売り場にいくとですね

なんか すげ~高い!!

よく見たら 島にいってからの 乗り物や アトラクションの券がセットになってるのね 

よくわかんないままに 50シンガポールドル(3400円くらい)のを購入

水族館とかにも はいれるらしい


上空は こんなかんじです

ww20

上から見ても この豪華客船 でけーです

プールとか ついてるのだな


ケーブルカー 外からまるみえなのね

ww21

これでは たてこんだ ラブラブはできません


でわでわ


次回 悪魔の棲む島 セントーサ編 いくです

 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ    

■ネパール02 ネパール入国 カトマンドゥへボロバスの旅

54日目のつづき~ から55日目のこと・・・
 

国境のゲートを てくてく歩きながら超えます

え?いいの? なんのチェックもありません


ネパールにはいると すぐ右側に

cv01

こんなかんじの イミグレがあります
 

ここはベラヒヤていう町 インド側はスノウリて町だそーだ


ビザ取得には 写真とUSドルで25ドル(いまは2000円くらい?)が必要

15日のビザ 25USドル  30日だと40USドル 90日だと100USドルだそうです

cv01-2

一緒のバスだった日本人の娘が 

写真がない!て慌ててたので

こっそり わたしのあまった写真渡してあげました


「つかえるかな?」

「このひとら 日本人なんてみんな同じ顔に見えてるのでわ?」


やってみそ! てことでしたが 
問題ナシ あっさり通過です

よいこのみんなは 真似しないようにね~

たぶん写真撮るとこは あるハズ・・・

cv03

国境の町 ベラヒヤの朝

もう朝? てことですが 昨晩の写真がないのです


ちとムカついて写真どころじゃなかった

てのは ツアーで用意されてる安宿のドミトリーに泊まったのね


同室は 2つ年下の日本人女性

アルゼンチン人の女性ふたり わたしいれて4名


そのアルゼンチン勢がタバコ吸いはじめた・・・


わたしもタバコ吸いですが さすがに他人と同じ部屋なのに

許可もなしに喫煙するようなことはしない

お国柄のちがい?とか イライラしながら思うてました が!


ん? まてよ?

これ タバコじゃないな?
 

クサだな 葉っぱだな ガンジャだな・・・

ようするに大麻ね・・・


即座に 「でてけ!」 て やっちゃいました


アルゼンチン人っ娘らは「べつにいいじゃんさ~」てかんじなので

吸ってる大麻取り上げて「吸うなら外で!」て 怒鳴ってもうた


殴り合いとかにならないものの ムード最悪

あまりの気まずい雰囲気に 写真なんぞ撮ってる場合でもなく


すぐに布団にもぐりこんで 寝てしまった次第です


いつ寝首かかれるか わかんないので

あんま熟睡は できず!

cv02

さて出発です

一緒だったバスツアーのひとらは

カトマンドゥ行きと 
ポカラ行きにわかれます さようなら~


わたしはカトマンドゥ

同室の日本人娘は ポカラ行く言うてたのに カトマンドゥ行き

アルゼンチン勢は カトマンドゥ行く予定が ポカラ行きに・・・


よほど わたしの顔が見たくないのだな・・・

すんまへんねえ・・・


んなことより ポカラ! そーとーいいとこみたいよ

いつか 行ってみたいもんだ・・・

cv04

宿でツアー客を乗せたバスは

5キロくらい先にあるバスターミナルで地元客を満載します


これでもか!! てくらい乗せます・・・

超満員にならないと出発しない気だな・・・

もう ええじゃろうが! 早く出発せい!!


このバスいくらで借り切れるのかな?

見てると 地元のお客さんは ちみっとしかお金だしてない

短距離しか乗らないにしても あんくらいの金額だったら


カトマンドゥまでいっても 10000円も儲からない気がする

20000円もだしたら 喜んで貸し切りにしてくれそうだ


ん?バラナシから飛行機乗れる額だな

てか 「このバス借り切るよ」なんて

すげー嫌な奴そうなので とても言えません・・・

cv05

最初の休憩場所

ここで 地元勢がけっこー降りていき

少しすくかな 思うたら


バスの乗務員が走り回って 客募集してる・・・

ひとりでも多く 乗れるだけ乗せたいのだね

まあ 仕事熱心は悪いことではない・・・


はしっこのほうに 食堂みつけたので

cv07

こんなん 食うてみた

辛い! 5人で 食べてましたが 完食はわたしともう一人だけ

cv08

前の席に座ってた娘

前にも 別カットの写真載せましたが

この娘 シャッターきる度にちがうポーズとる・・・

プロの子役かなんか??

つらいバスの旅を すこしなごやかにしていただけましたよ

cv09

すこしづつ 山道になっていきます

てか また・・・パンクかよ!!


きのうのインドのバスといい

パンクは もう 決まり事のイベント??


しょがないので ここで

今回の旅 三回目の 野しょんべん となります

cv10

窮屈さにも慣れてきて ゆとりもでてきたので

「オンボロバスの車窓から ネパール編」いくです

cv11

微妙に牛の種類も変わってきてる気がします

人間も だんだん濃い顔から 薄い顔になってきてる気がします

cv13

むちゃくちゃな道になってきた 
てか コレ 道なのかよう!!

そもそも 猛烈に飛ばす運転手さん

こんな道になっても 全然速度落としません

ネパールのバスって みんな こんなん?

cv14

ぶつかりたてのホヤホヤ こえ~ねえ

cv15

道じゃないとこに落ちて とほーにくれてます


クレーンで谷底から引き上げられてる 乗用車も見た

お坊さんが 谷底に向かい お経あげてました・・・


そいうの見ても

バスの速度は 落ちることはありません

cv17

でも 爽快な景色だ

崖の下には 車が何台も落ちてるけどね


そろそろ カトマンドゥ着いてもおかしくないんだけどねえ

cv18

まだ ちと 田舎町だよねえ

cv19

お! サンミゲルの看板!!

ネパールでは 飲めるのね!!ちと ウキウキしてきた


警官に停められた

cv20

スピード違反かな? ざまーみろ

でも こんなとこで時間とられたくない 
見逃しておくれよう

どうやら

知らぬ間に 屋根に客が大勢乗っていたようで

降りろ! てことらしい 怒られた乗客が 全員車内に・・・


窮屈な中 車内のオンボロスピーカーから

謎のネパール歌謡曲みたいのが流れてる


これが また感にさわる

ipodで聞いてる音楽と混ざって わけわかんない音になってる


ぐううわああ その音楽 やめろ~

てか わたしの膝に 荷物置くな~

そこ~ ゲロ吐くな~


不快指数 頂点です 大沸騰です


でも・・・

警官に停められるてことは もうすぐ首都かな?


そこから2時間・・・やっとカトマンドゥに到着です

7時間くらいて 聞いてたのに 11時間かかってる?

てか ここどこ?


むむ? 白人のカップルにつられて

外人ツーリスト勢全員 ひとつ手前のバス停で降りてしまったぽい


どしよかな・・・・ おもうてたら 豪雨

タイミングわりぃ!


あわてて タクシーつかまえて 値段交渉

ここはどこなのか わかんないから 交渉もへったくれもない


安宿の並ぶタメル地区まで 言い値は400ネパールルピー(500円くらい)

「ノー200だ!」とごねて とりあえず200てことで落ち着く


日本人が4人いたので

ぜんぶ乗せていけば ひとり50ルピー

cv21

国境の宿で同室だった娘が 「高くない?」とかいいだして

猛烈に値切りだした・・・


走り出してから 値切るってのは 失礼だしょ?

てか 自分らがどこにいるのか 理解できてないのに

「高くない?」 てなに?


もうれつな値切りに 運転手そーとー不機嫌・・・


「わたしが全部おごるから 黙ってて!」

つい イライラして 言うてしもうた・・・


大麻の一件もあり その娘にとって

わたしって そーとー おこりんぼに 見えたに違いない・・・


団体行動つかれる・・・

cv22

タメルにつくと いちおう みんなで食事

モモていう ネパールの餃子みたいの 食べた これは ウマい!


メンツは

●もうれつに 値切りたおす 女子大生

●インドの旅行会社に10万円 だまし取られた 大学生

●ひたすらタバコの害をうったえる 歯科大生・・・


宿どこにする?? とかハナシあってる・・・

さて・・・ どうやってこの場を逃げるかな?


「ネット販売が仕事だから ネット完備の宿じゃないと駄目」

て ことで逃げることにする

みんな 最低料金な宿さがしてるので ここでお別れだ


わたしだけ社会人だし

「ここは ぜんぶわたしがオゴるねえ」(ぜんぶで700円くらいだし)

「おお! ありがとうございますう」

「ネットつかいたかったら 部屋きてね~」

「おお! ありがとうございますう」 と 別れる・・・


まだ宿決まってないのに・・・

狭い町だし そのうち どこかで出会うでしょう

思いつつ ここが 今生の別れ でした・・・


バス疲れすごいし どこでもいいや て 飛び込んだのがこのお部屋

cv23

一泊 250ネパールルピー(340円くらい)なり


宿でこの値段てことは あのタクシー

やっぱ高かったんだろな とか おもいつつ


ぐっすりです グゥ~~~~
 


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ

1  2  3  4  5  6