18 ネパールの最近のブログ記事

自動更新です

なにごともなければ カトマンドゥへ 

バスで移動中です

カトマンドゥへ

なにやら 途中で 1泊つきの

36時間の行程だそーです

バスで 36時間て

すげー つかれそうでしょ??

 
なので 着いたら しばらく ダウンかもです

でわでわ 

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ  

丸2日 バスに揺られ

ネパールの首都 カトマンドゥに着きました


ホテルにチェックイン後 バッタリ!!


インドでは けっこー5時間くらいで目が覚めちゃう生活でしたが

12時間の 大爆睡だったようです


そーとー つかれてたみたいだね

KATO

 

そんでも このバスの旅は けっこー おもろかった~~

そのオハナシは またいずれ~~


写真は バスで一緒だった ネパール人の女の子

すごく よく笑う かわいー娘でしたあ


でわ

シンガポール編 の つづきです


=============================================

■シンガポール06 のりもの編 イージーリンクカードの使いかた


本日は こいつのハナシ

w10

 

イージーリンクカードのつかいかた です


こいつは そーとー便利

シンガポールに行くなら 必須アイテムかもです


わたしは チャンギ空港で 即買ったので フツーのキップのことは


深い闇の中


まず お値段は15シンガポールドル(1000円くらい)

そのうちの5シンガポールドルが 手数料なので

10シンガポールドルが 地下鉄の運賃としてつかえるぶん


わたしは 一週間ほどの滞在で

10シンガポールドル 追加して ちょうど使いきったかんじです


500シンガポールドル(33000円くらい)まで チャージできるのだそうですが


まあ 旅行者には 関係のないハナシ


つかってないけど セブンイレブン マクドナルド SMRTてゆータクシー とかにも使えるんだとさ



改札機の こんなんにカードを触れれば 通れます

ee01

 

残金の表示されて べんり べんり


お金のチャージはですね

ee02

 

駅に こんなマスィ~ンがあるので

ee03

 

まず この部分に カードを のせます

ee04

 

この画面で 『Add value』ての 押すと

現金か クレジットカードの支払い をえらべます


わたしは 現金でのチャージしかしてないので

カード払いのことは これもまた


深い闇の中


なので キャッシュ ての選んで お金いれて おしまい


かんたん かんたん


ちなみに『Check Card』 ての押すと 残金とかがみれます

ee05

地下鉄の車内は こんなかんじ

ee06

4言語も 注意書きが必要で なんか 大変そー

 

ee07

中のモニタで 流れてるのは 乗車マナーとか あやしい人物や荷物を見つけた時の対処法

けっこー ドラマ仕立てで おもろいです


あと 電車にひかれた人の 映像とか 生々しいものまで 流れてたよ

電車に とびこまないでね! て ことなのかな?



思うのは 旅行にいくなら

こいう庶民の足 てなかんじのもん 乗ると たのしーね


わたし自信 一度目のシンガポールは 仕事がらみでのレンタカーのみの移動だったので

よく どんな国なのか わかんなかったてのが事実


タクシーや観光バスでだけで 移動してると

わたしらに お金つかわせるのが仕事って人々にしか出会えない

そんな旅行は けっこー 不幸な気する


金銭的なからみのない 生の その国の住民と 一緒に電車に揺られる


その国が どんなんだか だんだん見えてきそーなかんじ です!



あ!注意!!


わたしらに お金つかわせるのが仕事って人々=悪党 として うけとらないよーにね!


でわでわ

 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ    

まだまだ カトマンドゥにいます


高熱だしたりしましたが

無事 たちなおりました


フランス人が宿にわすれていったという

謎の薬が 効いたようです

ttt

写真ですが

観光スポットとかに こういう おじさん よくいます


自分から写真とっていいぞ~ とか いいながら

撮ると 金よこせ!! いいます


この手の商売は インドのバラナシのガンジス川沿いでも

よく見かけました


こーいう姿に どんな宗教的背景があるのかは 知りませんが

まあ 絵には なります


言い値では 20ネパールルピー(25円くらい)

支払ったからには プロの仕事してもらいます


表情やポーズに いちゃもん つけまくり

最後には 「こんなんで 金とるのかよう」言うてやります


20ネパールルピーで 20~30カット 撮りまくりです

半分 いやがらせだね


なんか こいう宗教を利用した こずかい稼ぎて なんか気にくわないのだな

そういえば アフリカのマサイ族とかも 普段はジーンズで生活してるけど

観光客くると 民族衣装に着替えて 金かせぎ てな ハナシ聞いたことあるけど

そんなようなものなのかも しれないだね



そんでわ シンガポール編のつづき~~

いきます!

========================================================
■シンガポール09 セントーサ島 旅立ちから25日目


前回のつづき です

 

ケーブルカーを降りますと こんなとこに到着します

tt01
 

みなさん 巨大なカブトムシの前で記念写真です

tt02

虫のテーマパークみたいのがあるようですが

ここで 写真撮る 意味は謎です


ケーブルカーの降り口の 目の前には

tt03

こんなんがあります

ただでさえ高いとこなのに さらに高いとこから

景色を眺めるマシーンです


わたしのチケットだと これはセットに含まれているようなので

のってみましょう


いまなら もれなく

tt04

巨大工事現場がご覧になれます

tt05

反対側は 海


こんなのもセットにふくまれてます

tt06

3Dメガネして すわってるとこが うごいたりして

バーチャル体験で 冒険するってな アトラクションです

tt07

はじまるや いなや トラブルで 完全ストップ

油圧系が抜けたかんじです


また はじめから やりなおしです


こんどは無事最後まで いきそうでしたが

そろそろエンディングか?てとこで また同じようなトラブルです


スタッフたちの もともとココでおしまいなんだよ~~

てな しれ~っとした芝居が 泣かせます

すげ~ モヤモヤしたまま 外にでます

所詮 チャイナクオリティ てとこですかね?

tt08


むう やっぱメガネしないと なんのことやらですね

tt09

水の公園もあり みなさん たいそう くつろいでます

tt10

こんな乗り物で島の反対のビーチエリアまで 降りていけるようです

1回乗るのに 10シンガポールドル(700円弱)だそうです


なんで? 5シンガポールドルて書いてあるじゃん??

言うたら

それは ライセンス料 とか いわれました


ほえ? ライセンス?? なんの??


ゴンドラで もどってこれる券は もっと高額です


こんなとこ 戻るもんか!! と 思い

1回乗車券 買います


この島の物価は ちと異常です


みんな だせー ヘルメットかぶってます

わたしは つねに マイヘルメットなので 安心です

tt11

てか このひとら

もちっと たのしそーに 乗れないもんかね

うしろのひと おしり ちゃんと おさまってるのかしら?


などなど おもいつつ

tt13

目の前には ビーチがひろがってます

tt14

奥に見える ふたつの屋根ですが

あそこが アジア大陸 最南端の地なのだそうです


なんとなく シンガポールが大陸の一部あつかい なのが

腑に落ちないかんじなので ちかよりません

tt15


しかし つくづく この手のところに

ひとりで 来るのって


想像してた以上に せちがらい!!


写真のカップルなんて

どーせ あと2~3週間で 破局なクセに

まやかしの ラブラブに ひたってます

やだね~ まったく

tt16
 

チケットにセットの イルカショーですが

背が ちいさすぎて なんもみえません


おもいきり 手のばして撮って この視線です

なにかが 行われている!! くらいにしか感じないので

さっさと 出ます


じゃあ 水族館いこー


おもうたら ここから とんでもなく遠いとこにあるようです

イルカショーて 水族館のちかくじゃないのかよ~ とか 思いつつ

tt17

こんなので 島内移動できるようなので のりこみます


写真にうつってる サングラス男性 と その横の女性 と 子供ふたり

4人家族でシンガポールにきてる フィリピン人一家でした


なんでも 旦那さんが ビーチバレーのコーチの仕事で

シンガポールにいるそうです


フィリピンて ビーチバレー 強いのかしら??


着いたのは 島のいちばん西

tt18

シロソビーチてとこです

tt19

妙に人工的な 不自然なビーチですが

まあ 夕焼けは奇麗だ


島内マップをながめてると

戦争博物館みたいのがあって

当時の大砲とか そのまんま 置いてるのだそう


夕焼けにシルエットでうかぶ 砲台とか

いい絵になるかも おもうて いってみます 


10分ほど あるきます


『PM6:00 CLOSE』 む?? いま なんじ??

PM6:10  じゃん  くそううう

tt20

とりあえず こんなんが 置いてあるそうな・・・・


まあ 水族館からは 近いので

よし とします

tt23

tt21

じつは 水族館マニアで

サカナ君マニアな私を うならせる展示物もなく

tt22

みどころと言えば この

tt24

タコのぬいぐるみ くらいなもの



さあ そろそろ 帰路につきますです

ケーブルカー乗り場にいくのは 金かかって シャクなので

電車でかえります


こんなバスで 島内の駅に向かいます

tt25

もう すっかり 日も暮れました

tt26

島をでて こんな駅に到着します

tt27

ここから 朝きた ハーバーフロント駅まで

tt28

ショッピングモールを抜けるとすぐです

tt29

ここで 前に書いた吉野家さん 発見したので

食うて かえりましょ


宿のちかくで ひとごみができてます


な! なにごと??!!

tt30

ワンボックス車の中に

たくさん インド系女性がつめこまれてます


ああああ


売春婦さんたち 摘発されちゃったかな??

不法滞在とかなのかな?


よくわかんないけど こいう摘発は

今日は どこ系の人とか 順番なのかしら?


むう 人種差別とかじゃないことを 祈りつつ

帰って 寝るだな


警官は どーみても

中国系が 多い気するしねえ


であであ

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ    

■インド18 インド脱出編! 旅立ちから54日目2

rn01


しゃて ネパールに向かうバスの旅 つづきです

 

乗車4時間目くらいで 2度目の休憩タイム

rn02

キチンと食堂もあるので

いろんなバスがここを利用してるみたい

rn03

店の裏手に トイレがあるのですが

 

とても とても はいりたくないような 汚さ!
たぶん 用足し中に 窒息死するかもなので 

 

同じバスの 日本人の娘と アルゼンチン人の娘と 3人で

いいトコさがして この旅 2度目の野しょんべん 済ませます

お互い 見張り合ってれば 安心 安心

 

さすがに 朝 トースト1枚だったので おなかグウグウ鳴ります

rn04

サモサ 5つ買って むさぼり食います

ひとつ3インドルピー(6円くらい)なり

 

 

そんでわ こんかいも 『オンボロバスの車窓から』てことで いくです!

 

ちみっと 停まったスキに パシャリ!て かんじですねえ

そいうことに集中してると 時間が早く過ぎていくよう

rn05

バイク屋さん

シャツの汚れ具合が 労働者感ムンムンで けっこー好きな写真

rn06

この家は 焼き物つくってるのだな

のどかそうなお庭だね

rn11

こいう村にも滞在してみたいけど 宿とかあるのかな?

もうちと勉強しないと 無名な田舎町に泊まるのは難しそうだね

rn22


しばらく こんな景色がつづきます

こうなると なに撮っても 同じようなもんなので

しばらく 音楽でも聴きます

もうれつに暑い国なのですが

なぜか 「北の国からのテーマ」とか聴きます 

いいかんじです 


ローカルな ちいさなバス停です

rn07

わたしの好きな 豆炒めたおやつ 売ってます

 

ちいさな厚紙がはいってて 
それを折ってをスプーンにして食べるのです

rn08

このまんなかの 緑のが まだ青い唐辛子

もうれつに 辛い~~~

 

うっかり 水持ってないで 食べたら

バスの中だけに かなりツラい旅になるところです

5インドルピー(10円くらい)なり 言い値は15だったけどねえ

rn10

けっこーでけー バスのターミナルにつきました

ここで 乗客がギュウギュウになるまで 長時間ねばります

 

まだ乗せるのかお! てくらい お客さんのせます

車内 もうれつに 息苦しくなります

 

ううう あと5時間はこの状態なのかあ・・・

て思うと けっこー憂鬱になります

rn12

はたらく人

小屋の中に ひたすら 土を運んでます

rn13

鮮やかな色なご婦人たち

 

ちと前まで 緑の人もいて 信号機みたいなトリオだったので

いそいで カメラ出したら

 

緑のひと どっかいっちゃった・・・

残念だ

ゴレンジャー状態なとこ 撮りたいもんです

でけー川を渡ります

rn09

よく こんな橋つくったなあ てくらい長い橋

 

まるで海みたい なんて川なんだろか?

インドの文字 読めないのが イライラしてきます

rn14

もう あれだね

太陽の向き変わって 逆光になってきたので

 

写真はキツくなってきた

 

ち! つまんねえの・・・

rn16

また 休憩かよ!

ずいぶん 休憩多いな・・・

 

おもうたら

パンク修理だとさ・・・

rn17

てか このバス はじめからパンクしてたんだよ

 

わたしは パンクしてるタイヤのすぐ上に乗ってたもんだから

うすうす パンクしてるなあ 思うてて

 

でも きっと このまま無視なのだな それがインド流なのだな?

思うてたので

 

いまさらかよ!てかんじだ・・・

もう 8時間とか走ってるのに ずいぶん遅い判断だ!

 

しかも タイヤ外す工具がないみたいで

ちかくの自動車工場にでも探しいったのでしょか?

 

結局 ココに 一時間半以上停まってた・・・

rn15

トラブルでもないかぎり ここに停まることはないからさ

 

このへんの人は きっと外人がめずらしいのでしょ

 

子供らが わらわら 見物にやって来ます

rn18

もうすっかり夕焼け

予定では 夜7時にネパールとの国境につくんだよなあ

 

さっきのパンク修理もあるし

ずいぶん 遅れてるんだろなあ

 

そいえば たしか国境て 夜閉まるて聞いたな・・・

 

このバスツアーの予定では ネパール側にはいって一泊てことだけど

 

国境閉まってたら どうすんのだろか?

rn19

だんだん 不安になってきます・・・

 

同乗の日本人の男の子に

「今日 インド側に泊まるのかもね」言うたら

 

「ええええ!!! もうやだよ~ インドから一刻も早く出たいんだよ~」

って 泣きっ面です

 

よほど インドで嫌なことあったのだろね?

 

聞いたら

悪徳旅行会社に10万円ほど だまし取られたらしい

 

うむぅ かわいそうだけどねえ

こいう人は インドじゃなくても 騙されると思う・・・

 

でも どうやら 無事に国境につきました

rn20

写真のゲートくぐれば ネパール

バスの停まったとこから 500メートルくらいかな?

 

けっこう歩きます

 

そこまで乗せようって リクシャがたくさん寄ってきて

遠い 遠い!言うけど ぜんぜん歩ける距離です

 

ゲート手前の右手に イミグレーションがあるので

そこで出国手続きです

rn21

ここで 謎な お金取られるて噂もありましたが 無料でした

 

もう遅いので お金せびる体力も残ってないのかもです

 

んでは 次回から

ネパール編 いくです!

 

でわでわ


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
クリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ!
1  2  3  4  5  6  7