15 インドの最近のブログ記事

自動更新です

なにごともなければ バンコクから デリーへの機内です


なにごとか あるとしたら デリーについてからか??

デリーに

ともかく

悪名高い デリーの空港です

デリー 空港  で 検索すると

これでもか!! てくらい

トラブル情報がでてきます


そんなとこに 夜の到着です

こりゃ さすがに 市内への移動は ひとりじゃ やべーぽいので

信頼できそうな旅行会社に 送迎を注文してみました


そんでも なんか 不安を感じるとこです

インド自体 2度目ですが

前回は 高級リゾートの取材 全然違う地方

コーディネーターやスタッフに完全に守られた状態でした


そんでも ホテルスタッフにしつこく 迫られ

たすけを呼んだような 国です


この空港が 今回の旅の

第一の難関だと おもいます


警戒しまくる に こしたことありません!!

じゃあ 行くな!!  なのでしょうけど


デリー


見てみたいのです・・・・・

でわでわ

 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  

自動更新です

なにごともなければ

鉄道でですね バラナシてとこに 移動中

BARANASIへ

カトマンドゥへの経由地てな かんじです

だいたい12時間の 列車の旅です 

なんだか ガンジス川での 沐浴とかが 有名なとこですが

ここも 治安的には いいこと聞かないので

気 ひきしめて いくです!!

ではでは~~ 

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ  

バラナシ!! てとこにいます

朝 はやく起きて

ガンジス川の日の出でも 見るか!! 思うてね

外にでよう思うたら 出口 シャッターしまってて でれない!

このへんのホテルは 防犯のために 夜は 閉めてるみたいだ

んなもんで ホテルスタッフ たたきおこして


「日の出みるから あけておくれよう」てなことで あけてもらったのね


う!!!  あ 雨 だ


「やっぱ もうちょい寝るから 閉めていいよう」


これ すげー 迷惑なひとだよね??

部屋に 窓ないので ゆるしてちょん! だね


そんでわ シンガポール編のつづき いきますね~~


もうさ ひとつきも前のハナシになるのね

すでに なつかしい かんじ~~

=====================================

■シンガポール 2日目 徘徊編2  旅立ちから


チャイナタウンで ミックスシェイクいただいた つづきです

水分と 糖分 十分 補給したので

元気になりました ウロウロ再開です


あるきだすと こんなん ありました

いかにも 中国ぽい お寺かな?

ff02-2

お祈りしてる人いたので お寺なのでしょう

ff03

妙なところで ラブシーンしてます


このような光景 台湾の九分でも みかけたけど

中国系のひとは 結婚するとき その街のあちこちの名所を背景に記念写真

てな 風習でもあるのでしょうか?


これ きっと わたしは はずかしくて できません!!

ff04

ここは どうも ブティックが並んでるようです

中に人もいて 営業してるようですが

だいじょうぶ なの? てくらい このへん 人があるいてなかった

ff05

ほんとは いいかんじの ふるめかしい建物ぽいのだけど

洋服屋さんかなんかが 建物買ったのかな?

へんな看板 くっつけられて 急に やすっぽくなってないかえ?


この建物の裏のほうに回るとだね

ff06-2

む??

酒場のかおり だ!!

残念ながら まだまだ 営業時間には ほど遠い

節制 節制 節約 節約!! てなわけで スルーだ!


ん? 一番手前のお店 パンパンガ? むむ?

マニラ近郊に パンパンガ州 てのがあるなぁ? とか 気になりつつ やっぱりスルー


んなかんじで チャイナタウンの外周を ぐるりと歩いています

ff07

なんか 閑散としてるねえ 夜の街なのかもね

ff08

ここなんか 同じ扉がずら~とならんでて なんかの店ぽいけど


なんなのか まったくわかんない

きっと夜にならないと よくわかんない 謎のエリア ぽい


ff10

元の おみやげ通り付近にもどってきたようです

このへんで 食事にしますだ

これ!!
ff11

タイグリーンカレー

じつはですね わたし この たべものに 目がありません!!


毎日食うても いいくらい 大好きなのです

日本でも このメニュー あるとこ見つけると

まよわず 注文します!!


これから タイに いくのに~~ 思うかもですが

しのごの 言うてられません!


食います!!

6シンガポールドル(400円くらい)なり!!


グリーカレー 食うてますとですね

なにやら ジュース屋さんで 騒がしい女子集団が たのしげにしゃべってます

ff12

イカウだの アコだの て聞こえます


間違いない! タガログ語だ!!

彼女たちが歩いていく方向にはですね ん?


む?? タガログ語?? パンパンガ?? 謎は 解けた!!  ??


食事を終えてですね さて 向かいますか??

もちろん ここです!

ff15

さきほどの 飲み屋街

お! いいかんじに ネオンが灯いてるねえ


おそるおそる そんなに おそれても いませんが

さきほどの パンパンガの ドアをあけます


従業員一同 「いらっしゃ~~・・・・い  ませ??」


いつもの反応です

たいがいの飲み屋さんで こういう反応されます

「なにもの??」 て かんじなのでしょうね


「ビア OK??」 てので はじめて お客さんだと 察してくれます

「おおお OK OK」てなぐあいです


ビールをはこんできてくれた おねーさんに

「なんで お店 パンパンガて名前なの?」て聞いてみます


「フィリピンの街の名前ネ、 ココ女の子 みんなフィリピン ダカラ」


そんだけなのです

パンパンガだから フィリピンのお店だろうな てのを

確認したい ていう そんだけで 来ただけなので

もう いいや なのです


わたしが ある程度のタガログ使えるのと

マニラの街にくわしいのがわかったあたりで

ひとりの女の子が

「このお店 ビール高い 一本だけで 出たほうがいい」と耳元にささやいてきました


こそこそと 「いくら??」と聞き返すと「10シンガポールドル(700円くらい)だよ」


ぎゃ!!! かえりま~す!!


マニラでは まったく おんなじビールを おなじような店で

100~170円くらいの間で飲めるのです

スーパーとかで買うと 50~60円ほどの ものです


なので フィリピン値段をしっている わたしには

はじめに 言うといたほうがいい と思ったのかもだな

暗に「女の子はこないほうがいいよ」て意味もあっての忠告かもだな??


なので ビールは1本キリで とぼとぼ歩きはじめます

このあたりのお店は けっこー たくさんフィリピン人が出稼ぎにきてるんだとさ

ff13

おみやげ通りも すっかり マジックアワー

ff14

やっぱ ちょうちん だらけなとこは 夜のほーが 奇麗だね


そうだ! SDメモリカード買わないといけないんだっだ!!


思いまして どこにいけばいいかも 謎なので

ff16

チャイナタウン駅から 買い物エリアで有名な オーチャードロード駅てとこにいきます


このオーチャードロード駅ですね


改札でるとすぐに 天井に カメやら サメやら およいでます

ff17

お! かっくいいねえ ここ

エスカレーターであがっていくと

ff18

未来都市かよう! てな 空間

ff19

んでもって 外に出るとね

ff20

ああ 宇宙船の中だったのかあ


じゃあ しょうがないか~~ てかんじなのです 

ff21

ヴィトンだの カルティエだの アルマーニだの

無用の長物なテナントがもりだくさん です


ちょうど 斜め向かいくらいに 電気関係いっぱいのビルがあったので

4ギガ SDカード 10枚と

はんぶん押し売りされた カメラの充電池 1つ買って 30000円弱かかってもうた


やっぱ この手のもんは 日本で買っておくべきだよねえ

「あなたの電池はメイドイン チャイナだから信用できないアルヨ、

ココのはメイドイン ジャパンだからね だいじょうぶアルヨ」

とのこと


てか あんた おもいきり中国人じゃねえかよう!!とか思いつつ


日本で 中国製買って シンガポールで 日本製を買う てな不条理にとまどい気味です


お買い物も済んだし ちみちみ 帰ろうかねえ とブラブラ歩いてるとですね

世界ナンバーワン クラブ!! てな看板につられて

建物にはいってみると

ff23

バーだか クラブだか よくわかんないお店がたくさん入ってるビルがありました

ちと はいってみよう

ff24

岩石のような顔だち のおねえさんがたが 踊ってます

ビール 6シンガポールドル(400円くらい)とのこと


まあ さっきよりは安いけど そんでも ちと高い

でも のど カラカラで すげーおいしくかんじたので

「ワンモア!!プリーズ」


したら こんどは 同じものなのに 13シンガポールドル(900円くらい)とか 言いやがる!

「ホワ~~イ???」

「さっきはハッピーアワーだったのよ」

どうやら 1本飲んでるスキに ハッピーアワーとやらが終わってしまったらしい


じゃあ いらないや てなわけで お店をでます


てか 飲み屋なのに禁煙空間てとこに そんなに長くいられません

ビールと タバコは セットなのです

ff26

こんなワルそうな空間で 禁煙て? 逆にすげー 健全なかんじ


建物の外の喫煙スペースで タバコを吸ってから帰ろうおもうてたら

ff27

そこで こんなやつに からまれます

 

泥酔なのか? ラリってるのか?


さすがに 大麻で死刑や終身刑になる国で へたなことしないとは おもいますが


アメリカ人です


元ネイビーで「俺はがんばったのに 国はなんにも認めてくれないんだ!!」的なことを

泣いたり 笑ったりしながら 語ってます 泣き上戸のヘラヘラ君です

うう こいつ 頭キレちゃってるなあ


通行人通るたびに 肩くんで からんでます

ff28

そんで わたしに写真撮れ!! いいます

はじめはおもろいから 撮ってあげてたけど かなりしつこい!!


「あれ あなたの友達??」と 通りがかりの女性に聞かれたので

「ノオオオオオ!!!」 言うて その場を遠ざかります

うううう はたから見たら 友達に見えてたのか 思うと


ちと イタい

 

したら ヘラヘラ君 すげーでけー ムキムキな黒人 二人に かつぎあげられて

どこかへ 連れ去られました ネイビー仲間かもだな?


もう つかれたから タクシー乗ってかえろう


もう あれですね


アジア旅してると 妙な警戒心てのか

こいう盛り場の前でタクシーひろうと ボったくりが多い!!

ていうよーな 固定観念が身に付いてきてまして


ちと離れた交差点で 信号待ちしてる すっかり枯れ果てた

老人運転手を さがしてしまうてな癖がついてます


そういえば シンガポールて タクシー事情どうなのだろうか?

あっさり メーターうごかしてくれたので  拍子抜け!!


てか いつも 戦う準備してるもんで

う!! わたし

人を信用できない病だわ!! とか 勝手に後部座席で 悩んでたりします

ff30

宿周辺のこんな店で

こんなもん 食うて 帰ります

ff31

カレーラーメンとのことです また香辛料かよ!!だよね?

3シンガポールドル50セント(230円くらい)

ついて早々は このあたりも物価高!! 思うてましたが

今日1日歩いてですね ホテル周辺はすげー安いことに気づきました


なるべく 食事は このちかくにしましょ!!

ではでは 次回につづく のです


 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ    

■インド03 デリー到着編 旅立ちから45日目


前回のつづきで45日目 デリー行きの飛行機の中からです

 


なんか 窓の外 すげーカミナリ

どんくらいかな ずいぶん長いこと カミナリの巣の中飛んでたよ


方角的には ヒマラヤ山脈のほうかな? ピカピカ ピカピカ

まあ きれーだ


いよいよ 悪名高きインディラガンジー国際空港に到着です

22:00 だいたい30分くらいの遅れ

hn01

空港自体 てより 市内までのアクセスなのですが

ネットで調べると なんせ トラブルだらけなのだそうだ


デリー 空港 トラブル なんてググってみると

こえー記事だらけ


インドに入る時は デリーからのINは勧めません

とまで 書いてある

hn02

夜に着くのは こえーので

昼間着の便探すと すげーたけー

hn03

夜着 3万円台なのに  昼着 10万円近い

なんかの陰謀?? 死ねってことかな?

stm01

入国スタンプ あんがい あっさりもらえた 

hn04

空港内は まだまだ聖域

空港で 朝まで過ごしてから市内に移動する人も多いのだそうだ


んでも なんも食べ物ないしなあ

カフェくらいあれば 朝までいてもいいんだけどねえ


そんだけ 悪い噂聞けば 外に出なくても

だれも信用できないしな~



んなもんで いろいろ調べてみたら いろんな旅行会社が

空港までの出迎えサービスしてるらしいので

わりと評判よさげな会社を バンコクからメールで申し込んでおきました


すぐに 返信がきて

空港のロビーで わたしの名前書いた看板もって 待っててくれるそーだ


料金は2人以上だと ひとり1000円 ひとりぼっちだと 1500円だとさ

6000円とかするとこもあるけど そいうのは 日本人経営っぽいかな

送ってくれる先の住所ないと 困るので

一泊だけ ホテル予約しときました


ん? いないぞ?

hn05

ロビー内さがしても わたしの名前のプラカード持ってる人なんぞ


ぜんぜん いない!!


そいえば メールに携帯番号書いてあったな・・・

くそう ラジェンダー氏の野郎!(待っててくれてるハズのひとね)


インドの携帯なんか 持ってないし

ドコモ使ったら 一回日本に 電波とばして こっちにかかるのよね?

きっと すげー高いハズ!!


まあ しょうがないので

わざわざ パソコン開いて 電話番号調べます


お! つながった


出口の外でまってるとのこと

うむう 出口 ふたつあるぞー

外には 様々なポン引きぽい人が 目ギランギランでこっちを見ています


こりゃ うかつに外出れないなあ

ロビー内にいるままで じ~っと外を見回します


お! わたしの名前 見っけた!!

よかった よかった


「ミスターラジェンダー?」

「ハイ ミスBOSSアルカ?? このドライバーについていくアルヨ」

てなわけで 運転手さんと二人きり

hn06

暗闇を5分ほど歩きます

空港外の駐車場まで 歩くのですが


初対面の巨大なインド人 ふたりきり くらやみ

てのも 十分 こえー


これが ベストな手段 とは 思うけど?

ここで 襲われても だれも 助けてくれないぞ~


とか思いつつ 無事 送迎車に乗車

日本製のミニカ て車だ


乗るやいなや

なんなんだ~~~!!!

hn07

猛烈に急発進 猛烈なクラクション 猛烈に割り込みしまくりです


ぎゃああああ!!!

ものすごい ドライバーに当たってしまったなあ

て思うものの 数日過ごすうちに

なんだ みんな そんな運転なのね? て気づきます

hn08

無事?予約してたホテルにつきました


運転手さん じつは マジメな人なようで

1500円と チップで 200円あげようとしたら

1500円以外は 受け取りませんでした


雇い主に キツく言われてるのかもだね

どうせなら 運転もキツく教育してほしい


さて ここは安宿が集まる バハールガンジ(メインバザール)てとこのちかくです


ホテルマンは 予約? なんのこと? とのこと

プリントアウトした 予約の証明書みたいの見せると

数人あつまって 相談をはじめた


どうみても 部屋埋まってるのはミエミエだ


もしや! 高い部屋 押し売りするつもりか??

とか 警戒しすぎか?


「隣に同じオーナーのホテルがあって そこのスイートなら空いてる」とのこと


ほれ 来た!


「いくら?」

「いあ、予約した部屋と同じでいいよ」


ほえ? やさしいじゃん!!


「気にいれば、そのまま同じ値段でずっと泊まっていいよ」


とりあえず チェックインするだな?

一泊700インドルピー(1300円くらい)なり


ここいらは 500円くらいから泊まるとこあるらしいけど

明日 様子うかがってから決めましょう


まだ 11時過ぎだけど

あたりには 食べ物屋さん みあたらない


このまま寝ると 空腹で目覚めそうなので

なんか 食べ物 さがしいくです

hn09

うむうう なんか 暗闇多いなあ


犬に追いかけられ 吠えまくられるし


あきらかに いままでの国の首都と空気が違います


お! あった

hn10

こんな 食堂がありました

エッグタリー てのを食べます

55インドルピー(100円くらい)なり

hn11

ぎゃ! スプーンないんだとさ


このへんは 旅人多い思うたので

スプーンくらいあると思うてたけど

このお店は完全 地元向けなのかもだな


しょがないので 手で 食べます


うむう 今後 バングラデシュ抜けるまでは

マイスプーンもってたほうが いいかもだな

とか思いつつ 宿に戻ります


あんま 暑くないので ファンだけでいいや

hn12

あれ へんだぞ??

ファン まわすと 根元から 全体が ぐわんぐわん 揺れてます

hn13

根元みると 壁に密着してない

これ 使ってると いつか体の上に落ちてきそうです


しょがないので エアコンいれたら

10分ほどで効かなくなりました


エアコンのフタあけてみたら

フィンのとこが 氷で覆われてます


あああ! フィルター ほこりまみれで 空気通らなくなってる

くそう まずは フィルター掃除から はじめるだな・・・・


デリー到着編 まずは こんなかんじですわ


でわでわ 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 

1  2  3  4  5  6  7