11 クアラルンプールの最近のブログ記事

なにごともなければ!!

寝台列車にて シンガポール~クアラルンプール間 移動中のハズ

KLに
寝台車て ホテル一泊ぶん 浮いていいねえ~

マレー鉄道の料金は二等寝台てので113リンギット(3150円くらい)

ネット予約しました マレーシアの運営だから リンギットなのか~

シンガポールで買うと シンガポールの物価なので

マレーシア側からくるより高いて聞いてたけど

ネット予約だとマレーシア価格なのかもしれないね

http://www.ktmb.com.my/ 予約サイト



このクアラルンプールは 一度だけ

空港にトランジットで寄っただけのところなので 

まあ はじめて!

マレーシア自体は ランカウイ島て リゾートぽい島に

3日ほど滞在した事がある

もう遠い昔 モデルさんしに 来たことあるんだ


ランカウイ島だけの印象なら 好きな国!

ともかく シンガポールから出れるのは サイフ的に

うれしいかも

でわでわ~ 

 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ     

シェムリアップから ボートでプノンペンまでやってきました

ちと バスに飽きてきてたので

値段張るけど 湖と川を くだってまいりました

sssS

 

いやはや 爽快です 痛快です

うっかり 屋根の上でウトウトして 黒こげ状態です


まあ 日焼け気にしながら 暑い国来ても つまんない!!

まあ いいか!! てことですわ~


でわでわ マレーシア到着の巻です!

もう ひとつき半前のオハナシになるのです


======================================================
■マレーシア01 クアラルンプール到着の巻 旅立ちから29日目


前回のつづきぃ~

AM6:30到着予定でしたが 1時間おくれ

AM7:30 セントラルクアラルンプール駅に到着

ss01

 

まあ こんな遅れ なんてことないのでしょーね


ちなみに クアラルンプールは KLと略すのが あたりまえぽい

でも 「空気 ろめない」とか ややこしいことになるので

ここでは 略しません


すげー長いエスカレーターで上にあがります

地下から いっきに2階までいくよーです

sss02

 

おおお!

案内板 日本語も書いてくれてます


日本人にやさしい駅です

ODAでつくられたとか?? なのかな?

sss03

 

ホームからあがったとこから見える景色です

奥のほうにマネーチェンジがあります


下の階にも いくつかみかけましたが

ここが ちみっとだけ いいレートでした

気になる差でも ないけどねえ


この2階から まんなかのメイン階段で1階にくだります

sss04

 

KTMコミュニケーターて路線の駅と LRTの駅があります

ss05


sss06

 

わたしは こっちのLRTのほうに乗ります


比較的 宿の安いエリアはチャイナタウンだそーで

ここから たった1駅でつくそーです

1リンギット(30円弱)なり

sss07 

この電車 2両しかつながってませんので たくさんは乗れません

いま ちょうど通勤ラッシュぽくて 4台目の電車にやっとのれました

sss08

 

まあ つぎから つぎへとやってくるので そんなに待ちません


さて チャイナタウンの最寄り駅「Pasar Seni駅」です

sss10

 

駅のエスカレーター 降りるやいなや

白ひげのおじいさんが

「そんな目で見つめないで~ン」言うてました


何件かお部屋を見せていただき

結局 決めた宿は このようなバザールの狭間にあります

ssss11


sss12

 

けっこー 活気あるとこの どまんなかです

sss13

 

こんな部屋です


一泊75リンギット(2000円くらい)エアコン付き

金土は ぷらす20リンギットだそーです


このあたりには 1000円くらいからの安宿 いくつかありましたが

何人か 凶悪ヅラのひとが宿泊してたので やめときました


どんな顔だ?? て かんじですが

こーいう時の直感は 大事にします


そんでわ


お昼寝して 徘徊 はじめますかね

そいでわ そいでわ

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ

プノンペンからの更新です

ほんとに この街は見どころがないんだ

ddd2


でも なんとなく この

見どころのなさが いごごちいいのかも


ちと 猛烈な移動ペースもつかれたし

ちみっと 長居したくなります


でも 長居したくなる ほんとの理由は

宿の1階が24Hのバー なのと


この国 アサヒスーパードライと マイルドセブンライトが安価で買える

つくづく 日本人だね


てなわけで

マレーシア編の続きです


========================================================

■マレーシア03 初日徘徊 キップを買う!の巻


お昼寝して目覚めて ぼけ~と この先の旅プラン考えます

ここまでの宿は その場で テキトーに飛び込んで泊まるってかんじでした が!


ふと思うたのは


バンコクに 行く頃って 日本の夏休みとかぶるなあ


てこと


バンコクといえば 日本人に大人気の旅行先だな

てことで タイだけは早めにホテル予約しとこ 思うたのです

よさげなホテル検索して ネット予約しました


て ことわ


必然的に その日程に合わせて バンコク行きの鉄道チケットも手配しなきゃいけません


マレー鉄道は じつはバンコクまでは いけません

タイとの国境越えて1時間ほどの ハジャイて街までしか行かないのです


ハジャイからは タイの国鉄になります

マレー鉄道も タイの国鉄も ネットで予約できます


どーせ乗り換えるなら ハジャイてとこで 2泊くらい ゆっくりしよー 思います


ハジャイ~バンコク間のチケットは あっさりネット予約完了です

dd002

ところがですね


クアラルンプール~ハジャイ間 なぜか ネットで予約できません

マレーシアとタイの国境にパダンブサールというとこがあるのですが

なぜか そこまでしか買えないのです


つまり タイに入る手前までしか ネットで買えない状態

列車は 確かにハジャイ行き でも パダンプサールまでしか買えない


パダンプサール~ハジャイ間は 1時間くらいの距離なので

まあ 1時間くらいの距離なら バスでもなんでも いけるか?? と思い


とりあえず パダンプサールまで 買うことにしました

dddd

よーは こいうことね


dd001

これが クアラルンプール~パダンブサール間のEチケット



むうう なんか モヤモヤするので

駅に聞きにいこう!!


買う前に聞け~~~ て感じですが

セントラルクアラルンプール駅に逆戻りします


くうう こんなことなら 

朝到着したときに チケットカウンター寄ればよかっただよう


これがいわゆる わたしの大嫌いな 「二度手間」てやつ


セントラルクアラルンプール駅の2階に こんなとこがあります

dd02

長距離列車のチケットは ここで買うようです


さっきのチケット見せて

「この列車でハジャイまで行きたいんだ!」言うたら

あっさり「9リンギット(250円くらい)ですう」とのこと


どうも この列車


パダンブサールで 寝台車が切り離されて 普通の椅子だけの列車になるのだそう


よーはパダンブサールで出入国の手続きついでに

寝ていた車両から ちがう車両に移動しなきゃいけないのだな


そのへんに ネット予約できない理由があるのかもだな


まあ 旅行会社に頼めば なやまずスンナリなんだろーねえ

dd04

これが 足りなかった部分の穴埋めチケット

これで バンコクまでのキップ揃いました 万歳です!

タイ国鉄の予約  http://www.thairailwayticket.com/

マレー鉄道の予約  http://www.ktmb.com.my/


そんでわ スッキリしたので

とりあえず 宿のあたりをブラブラする事にします


勢いよく経済成長しているマレーシアですが

まだまだ 外で倒れてる人多いです

dd05

暑い国は凍死てのはなさげなので まあ だいじょぶなのでしょ


宿周辺です

dd06

dd07

見ていると この国もいろんな人種が寄り集まってるかんじなので

いろんなファッション見れて たのしいですよ


ひとつ疑問なのは

dd08

こいう目だけ出てるファッションの人が多い場合ですね


ひったくり犯とかが この格好してたら

人相とか わからないよね?


捜査とか 困ったことないのかしら??


dd10

夜になると 屋台まみれ 人だらけになるので

宿にたどりつくのが けっこー大変

dd11

こいう雰囲気は嫌いじゃないので いいけどねえ


旅行者向け?だか謎だけど

欧米人だらけの中華屋さんがあります

dd12

4人席からの丸テーブルしかなく

ひとりで座ったら 露骨に嫌な顔されました


お客さん少なめの時狙っていかないと 肩身狭いです


dd13


ムカついたので 向かい側の黄色いテーブルのお店いったら

ここは親切でした

dd14

フライドライス 9リンギット(250円くらい) ヌードルスープ 7リンギット(200円弱)


旅行客狙いぽいわりに 安いかもです

地元レストランとか すげー安いんだろね


でわでわ マレーシア到着日編 でした

また~~~

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 

プノンペンからの更新です!!


ついにですね やられちまいました

てか やっちまった てのかな??


部屋に泥棒が はいってもうたのです


被害は 日本で使用している携帯電話

デジカメ 愛機RICHO GX200

現金 40000円

ggg

ここまで ほぼ完璧に防犯対策していた つもりですが

いちばんの難関と思われた インド バングラデシュを通過して

のんびり のほほんな人々の多い カンボジアへやってきて

思い切り 気がぬけていたぽいです


ここにくるまで 東南アジア圏でうらやましがられるようなデジモノは

リュックにいれ 完全にロックして さらにリュックは頑丈なワイヤーで

動かない柱やベッドなどにくくりつける

なんてこと してたのですが

それを はじめて さぼった日に キチンとやられました

窓の鍵がこわされちゃってましたよ


盗む側より 盗まれる側が悪い 

なんて風潮のある日本以外のアジア諸国で


ほんとに だれも同情なんてしてくれません


旅の目的である 写真に関しては

キッチリ 予備カメラあるし


お金も すげー小分けにして あちこちに隠してあるので 問題ナシ

なんだかんだ 携帯てのが 帰国してからの手続きが いちばん面倒かもだね


犯人は状況的に ほぼ 宿のスタッフだと思うのです

なので 警官呼びたくないのか


宿の人間は「警官くると お金とられるだけだよ」と言います

たしかに これが フィリピンなら わたしも警官なんかアテにしません


でもやっぱ保険用の被害届けのレポート欲しいので

自分でさがして ポリスステーションいったら


みんな まったく英語通じないし

言う事は ただひとつ 「金よこせ、100ダラ 100ダラ」


100ドルだああ????


でるか でないか わかんない保険金のために 10000円ちかくも出せるかあああ!!!

なんだかんだ 険悪なかんじになって ちと ブチキレて

「もういい!! あんたら相手してる時間なんか もったいない!!」


てかんじで 被害届け あきらめました


一時間ほど ちと 落ち込みましたが

ここまで 順調すぎて たいした事件もないので

ネタになるだな ネタ!! 思い 元気でましたよ


まあ そのうち 詳しく書くことでしょー

でわ マレーシア編の続き いくだす!!

==============================================================

■マレーシア04 徘徊2日目 旅立ちから30日目


節約のため 窓のない部屋選んでますが

困るのは 外に出るまで 天気が謎てことだね

gg01

外にでると シトシト 雨です

幸いこのあたりは 屋根つきアーケード街なので


このへんウロウロするぶんには あんまり濡れません

てわけで まだまだ 宿周辺の徘徊です

gg02

よくよく見るとチャイナタウン けっこー古そうな建物だらけなのね

gg03

1914とか 年号ぽいのが建物にはいってますが

これが 建てられた年なのか 単純に住所とか??なのかは 謎

こいうふうに 年号ぽいのが書いてる建物多いのです


なんとなく 雨 このまま降らないかもだな

てかんじになったので 電車で おでかけします

gg04

得にクアラルンプールの知識がないので

とりあえず有名なペトロナスツインタワーでも 見にいこかてことで

『KLCC』て駅めざします


んでも それじゃ芸がないので 1駅手前の『kg baru』(かんぐんばる)てとこで降りて

1駅ぶん 歩こう思います

gg05

降りてみるとですね

gg06

なんだか 閑静な庶民の住宅街 てかんじです

gg07

あの有名なビルのあるとこの隣の駅にしては 地味なとこです

人も なんか少ない


小学校ぽいとこがありまして 子供たちは そこで

とらわれの身と なっているもよう 

このへんはちゃんと学校にいける地区なのだな と 感心 安心


ん? なんだ?

gg08

ぎゃ!!


高速道路だかのフェンスが邪魔して

KLCCのほうへは どうあがいても歩いていけないようです


商業地区と 住宅街は 完全に隔離してるてことかな?


先進的なビル街に庶民がはいれないように なのか

のどかな生活環境にカツカツしたビジネスマンや観光客がはいれないようになのか


まあ どちらもなのかな


ウロウロ このフェンス越しに写真撮ってると

警官がやってきて 職務質問?? されました


パスポート見せたら「ジャパニーズ??OK OK、ノープロブレム」

てことで あっさり 立ち去りました  が

どこの国籍なら 駄目なのやらだね


ビル群に対する テロ対策の警戒なのか 

単純にあやしい人物がいる てので通報されたのか??


謎ですが 警官がちゃんと仕事しているのには感心 感心

キチンとした国だという証拠だね


ロンリープラネット持った欧米人が 途方に暮れた顔で ウロウロしてましたが

欧米人は見た目だけで 旅人とわかるので あっさりスルーされてたかんじ

gg10

『KLCC駅』にやってきました

ペトロナスツインタワーに向かう通路は エアアジアの宣伝だらけ

gg11

ここがタワー内のショッピングモール

gg12

最上階の食べ物コーナーに和食屋さんがあるようなので

いってみます

gg13

目的は もちろんコレ!!ウーロン茶です


なんか マレーシアもシンガポールも 日本からやってくるモノは似たものばかりなようです


ついでに こんなチラシ寿司 たべちゃいました

gg14

チラシ寿司34リンギット(950円くらい) ウーロン茶 7リンギット(195円くらい)

サービスチャージやら 税金やらで 合計47,15リンギット(1350円くらい)でした


さて満腹状態でウロウロです


おおお!!


BMWのF1が展示されてます

gg15

そいえば ペトロナス スポンサーだものね


このペトロナスて会社は わたしのようなモータースポーツマニアだと

そーとー昔から聞いた会社なのです


石油会社なんだけど 日本だと 日石とか共石みたいなものかな


あと このブログにやたら登場する エアアジア

これも マレーシアの会社で F1グランプリもスポンサーとして参加してますね


激安航空会社がどんな仕組みでF1なんかのお金出せるのか 謎です が!


なんとなく 世界のホンダさん

創始者さんが 「レースに勝たなきゃホンダじゃない」

なんて名言残して 亡くなってるわりに


ちっとした不景気風にビビって撤退しちゃうあたり ちと残念

創始者さん 草葉の陰で 涙 涙かもだな


んなかんじで 日本のスポンサーステッカーだらけだったF1も

いまやマレーシアなどの新興国が がんばりまくりなのです


さらにこのビルのエントランスに向かうとですね


うおおおおおお!!

gg16

なんと バレのマシンが飾ってあります

じつは わたしは タイヤの臭いフェチだったりもします


んで バレ て ダレ??


いわずとしれた 天才ライダー バレンティーノ・ロッシさん ですね

あんま いわずとしれてない??かな??


しらべれば いくらでも 名前がでてくる人なので説明はしませんが


ついつい バイク買ってしまう 原因になったのが

この バレさんの存在


いまだに 猛烈に応援しまくっている人です

まあ いわゆる すがた かたち ていうより 脳みその中身が タイプなのよ


このバレさんも いまは このペトロナスがスポンサーとしてついてます

gg18

てなわけで このバレさんバイク

gg19

まるで 産業スパイのように 接写しまくりです


そんでわ

外にでて いよいよ ペトロナスツインタワーの全貌を見ていきましょう

gg17

むうう なんかなあ

こいう写真は 青空じゃないと 駄目ね

また 晴れてるときに 来る事にします

でも 夜は奇麗になるかもなので てきとーに時間つぶそー


そうだ! これ展望台とかないのかな?おもうて ウロウロ探します

gg20

どうやら 今日は展望台のチケット売り切れのようです

これも 晴れたときに 来てみましょう

gg21

これが 夜のペトロナスツインタワー

gg22

まあ 奇麗 奇麗 ステキ ムテキ


そんでわ帰ります


昨日 ムカついた 中華屋さんが すいてたので

食うてみましょ

gg23

タイガービール頼んだのですが

なぜか カールスバーグがきました


まあ いいか てわけで

すっかり 食べ終えて 飲み終えて


チェックお願いしますと

カルスバーグ タイガーの3倍すんじゃねえかよう!!!!


くううう これ 確信犯だな?

やっぱ ここ ムカつく~~~~

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ

1  2  3