09 シンガポールの最近のブログ記事

自動更新です

なにごともなければ ジャカルタ~シンガポール間の機内です


さてさて ついに 悪名高き 禁煙大国!


シンガにいどうちゅう2


妙に高い たばこ持ち込み課税

シンガポール国内販売たばこ 800円ちかく


いまいるジャカルタからだと たばこが8倍の値段

フィリピンとだと 10倍ほど


先進国ぶって 禁煙うったえてるようでいて

単純に たばこで儲けよう ていう嫌な国です


そんなに たばこ嫌いなら

売らなければいいし 持ち込ませなければいいんだ


そしたら 絶対行かないんだけどなあ


ともかく 大嫌いな国です

もう二度と来たくないと思うてたとこです

でわ なぜいくの?

単純に写真撮りたいから

でわ なに撮るの?

いまのとこ 思いつかなーい

とりあえず 一週間滞在予定だす!


でわでわ~~

 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ   

きょうも バンコクからの更新です

あるきすぎなので いいかげん 休養日にしようと


思いましたが 朝から ウズウズしたので

4時には戻るぞ! てなかんじで 出歩いてきました

banko01


 

迷子になり 5時に帰宅です


昨日はビールが おいしく感じなかったので

今日は おいしく いただきたいもの です!!


んなわけで シンガポール編 はじまりです

もう 3週間ほど 前のハナシになりますね

======================================================

■シンガポール02 タバコのハナシの巻


 

シンガポール編 はじまりますが

はじめに タバコのハナシをしてみます

 

喫煙者には有益な情報と思いますが

嫌煙家さんは かるくスル~ してくだせ

 

実験をしてみました

 

タバコの持ち込みですが 普通の国なら だいたい200本くらいから課税ですよね?

 

シンガポールは1本から 税金とられます

 

いくら とられるのか? 試してみます てな実験です

 

このタバコの申告ですが もってるのに もってないと嘘ついて

発見された場合 本数にもよるのかもですが

50万円ちかくの罰金という 噂もあります

 

こえーよねえ

 

とは いうても

インドネシアの1箱100円もしない タバコに高額な税金つくのもくやしいし

どうせなら しばらく吸えない 日本のタバコ 持ち込もう 思うて

ジャカルタの空港で こんなん買いました

mildseven

 

空港限定のマイルドセブンライト

システム手帳風のデザインです

10箱 17USドル(1700円くらい)でした

 

今回は これを 9箱 申告してみます

 

1箱は ポッケにいれといて

みつかった時に 「いっけない うっかりしてたやあ」てことにしてみます

 

税関に係員がいなければ ぜんぶ 無断でもちこむ予定でしたが

 

しっかり いました

 

ネット上で読んだ情報ですが 無人で そのまんまスルーできる事も多いようです

日本からの便だから なのかもね

 

インドネシア テロ多い国だし

そりゃ しっかり 調べるか

 

税関の職員が 「こっちきて カバンあけなさい」とか いうてるので

 

しれ~~ っと 「タバコ申告したいんだけど どこへいけばいいですかあ?」

 

あっちだ! て 指差したほうに ちいさい部屋があります

 

そこにいた おじさんが ちゃかちゃか計算して

69シンガポールドル(4500円ちょい)だそうです

まだ シンガポールのお金もってなかったので カードで支払いました

 

てことは 1箱につき 約500円の税金がかかる てことですね

 

タバコの購入代金と合わせると 一箱 670円

 

日本から 好きなタバコもってきて それが300円だとしたら

 

1箱  800円ほどになる計算です

 

シンガポールの マルボロの販売価格が12シンガポールドル(約800円)なので

 

ちょうど 似た値段になるという事です

 

うまい事できてるなあ

 

これがレシートです

tabako2

 

このレシートは ちゃんと携帯してないと駄目だそうです

 

どうもシンガポールは シンガポールで売ってるタバコ以外を

許可なく吸う 許可無く携帯する のは 犯罪なのだそうです

このレシートがないと 申告したものだと 証明する方法がなくなるわけです

 

あとで 宿ちかくで 闇タバコ屋が横行していることがわかりましたが

 

このレシートがあれば そのタバコ買って持ってても 銘柄まで記載されてないので

 

わかんないよね?

 

ちなみに 闇タバコは 6シンガポールドル(400円ほど)なので 半額で買えるてことだね

 

見たら インドネシアのものみたいです

 

てことは 1箱 300円以上の儲けだね

 

船で あっという間に着く隣国に 同じタバコが1/8の値段で売ってるのだから

 

こんな商売が横行してて あたりまえ といえば あたりまえ かな?

 

この国の場合 つかまったら そーとー ひどい目にあいそうだけどね~

 

あ! ポッケのタバコ うっかり しらない間に もちこんでしまってた!!!

 

くうう~~~ しまったなあ

 

もしタバコを持ち込まないで シンガポールで買った場合

嫌がらせ? てなデザインの こんなの持つことになります

たばこ

 

もうさ 売らないければいいよねえ

タイもマレーシアも 同じ写真つかってますね

違うバージョン 拾いしだい 写真載せますねえ

 

禁煙大国で 

タバコ吸う場所もないようなイメージのシンガポールですが

tabako

あんがい このような 灰皿があちこちにあって

 

すげえ 人がたまってたりします

 

わたしの宿周辺は シンガポール内では

比較的 安い宿だらけなのですが 

けっこう 悪党がたまるエリアぽく

そこいらへんは 歩きタバコ あたりまえな感じでした

 

以上 んなかんじの タバコのオハナシでした

 

でわでわ 次回こそは 入国編 てことで

 

また~~

 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ   

 

バンコクからの更新です

部屋でネットができるう てのが決め手で きめたホテルなのですが

2日間 謎のトラブルで 全館ネット不能

やっと 復旧したようです

そんなホテルのエレベーターですが ドアが開くやいなや

男性同士の ぶっちゅう~~ してる姿に遭遇し

なんか ちと げんなり


かと思うと ビキニの白人ギャルが乗ってたりして ちと ぎょ!!

う! プールなんて あったのか?? 思います


ゲイのストリートがあるという事で

歩いてみたものの

真剣な そいうエリアだったので

すげー浮いて いたたまれない かんじ


なんか ずっと あやふやな天気だし

きのうは カミナリ鳴って 雨がドバーッ 状態になりました

ふんだり けったり です


そんなかんじの バンコク滞在です


では シンガポール編 いきますだ!! 

いまから 3週間前の オハナシ です


===============================================

■シンガポール03 入国とホテルまでの道 旅立ちから22日目


お! シンガポールが

見えてきたでやんす

いそぐでやんす

w01


 

2回目のチャンギ国際空港ですが

見たことのない景色です

w02

 

ふむう ターミナルがちがうのだね?


ここは ターミナル1てとこのようです

でも あいかわらず 妙にキレイな空港です

w03

 

まるで高級ホテルだか モールのような イミグレーション

ドレスコードとか ありそで こえーです

w04

 

前回書いた タバコの申請をしたあと

税関を通り こんなとこにでます


さて 街にでて ホテルさがさなくてわ!! ですね

w05

 

『Train to City』と書いてあります

これを たどっていくのがいいね


見取り図をみると

街にいく地下鉄は ターミナル2と3の間にあるようなので

ターミナル2まで 空港内のモノレールみたいのに 乗らないといけません

w05-2

 

ここが乗り場だね

きっと T2 てのは ターミナル2だね


妙にうごきが緩慢な 現カリフォルニア州知事のでてたやつじゃないよーだ

w5-3

 

これが 空港内のモノレールの車内


T2につきました

w07

 

T2 いうても ターミナル2のことです


妙にうごきが緩慢な 現カリフォルニア州知事のでてたやつじゃないよーだ



w06

 

上の写真の奥にすすみ 右のほうに

w08

 

こんなとこがあるので エスカレーターを下ります

ここから『Train to City』ていう表記が 『MRT』てだけの表記に変わりますね

統一感ねーなー おもいました

w09

 

下の階について この写真奥のエスカレーターを さらに下ると

地下鉄の駅があります

w10

 

こんなやつ買います

イージーリンクカード ていう 地下鉄のプリペイドカードです

シンガポールは これあるとそーとー便利です

こんど 詳しく書きましょ


さて


ここから 写真がしばらく ありません


バックパッカーぽい 東南アジア系の女性に声をかけらて

おしゃべりしてたからです 

たぶん わたしと同じような年齢です


彼女ははじめ 英語で

「わたし はじめてシンガポール来たので 一緒に地下鉄まで連れていってください」

てなかんじで声かけてきました


2回目のシンガポールとはいえ 地下鉄は初めて乗るので

「ミー トゥー! ファーストタイム!」て答えました


その後 ふたりで

「お! このカード買うと便利ぽいみたいよう」だの

あれやこれや研究しつつ進みます


「あなた 日本人ですか?」と聞かれました

いま 思い返すと この頃はまだ 日本人に見えていたようです


「うん、日本人だよー」と答えます

「わたしのおねえさん ニホンで働いてます」とのこと


む?? このかんじ!! もしや???


「フィリピーナ カ バ??」(フィリピンっ娘?)

と聞くと ちと びっくり気味に

「あなた なぜ タガログ語??」


ああ やっぱフィリピンの人だ! ちと うれしい


わたしとフィリピンのつながりを 簡単に説明し

「てなわけで 英語より タガログのほうが 理解できるので タガログでお願い」


これ以降 タガログでの会話です


ちと 失礼なハナシですが

フィリピン人の日本への入国が厳しくなって以降

ここシンガポールも フィリピン人にとって 主要な出稼ぎ場所てのは

聞いたことがある


彼女もそんなうちの一人にちがいない と 勝手に思いこみました

飲み屋さんかな メイドさんとかかな??

まあ 聞くもんじゃないな とか思いつつ 話してると


彼女 なんと インドから到着したのだそうです

ふむう インドにも 仕事あるのか?

これも 全然 勘違いでした

彼女


第一印象どおり バックパッカーだったのです


パスポート見せてもらうと すげえ いろんな国のスタンプまみれ

フィリピンのバギオ出身て いうてました

バギオ て 山だらけのフィリピンの避暑地

けっこうな 田舎だ


バックパッカーてのは そもそも

裕福な国の 俺はちがう道をゆくのさ!的娯楽 だと思うてたもんで


まさか フィリピン人の しかも女性の バックパッカーに出会うなんて

思ってもいなかった


とうぜん フィリピンにも 億万長者がいるわけだし

海外旅行するだけの ゆとりのある人もいるさね~ 


韓国人てやつは!! 中国人はさ~~ だの ひとくくりに語ってしまうけど

その国のイメージだけによる 固定観念てのは ほんと こえー


なんか ちと 反省かも

w11

 

これが地下鉄の車内です


高架をはしる区間もけっこうあります

よく知らない国は 景色の見える高架のほうが ありがたい!


わたしの目指す 安宿の多い駅は ほんの数駅でつきます

フィリピンの彼女は ふたつ先が目的の駅のようです


「インガット カ ラーギ」(いつも 気をつけて~)


「イカウ ディン インガット!!」(うん あなたも気ぃつけて~)


てな かんじで 握手して さよならしました!

w12

 

空港から 電車で あっというまの首都て そんなに無いよね??

こりゃ便利!

タクシー代とか よけいな出費もないしねえ

てか この国自体 ちみっこいから そんなもんか??


とか おもいつつ


駅をでると こんなかんじです

w13

 

ううう つまんなそ~~~


フィリピン インドネシア から来ただけに

この整然とした感じが 妙に 違和感

多少 うざくても 客引きとかのたぐいが まったくないのも

ちと さみしいのかもだね

w14

 

わたしの泊まった この界隈の 地名&駅名とかは


一応 伏せておきます


まあ ネットで ちと調べれば わかるでしょーけど


これから 書く内容によっては 風俗情報になりかねないなあ 思うからです

w15

 

とりあえず 中華料理屋だらけ なので 食べ物には困らなそう!!


あちこちに看板が見える 安宿の大手ホテルチェーンぽいとこにしときました

一泊 日本円で 3,300円くらいかな

いままでの街じゃ 高級なほうだけど

シンガポールじゃ 安宿です

おサイフ 痛い 痛い

w16

 

では お昼寝です


新しい街につくやいなや 寝る!


そんな習慣になってきたようです


でわでわ~

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ 

デリーにて 無事 生存しております が


来るときの飛行機で

カミナリの巣みたいなとこ 通りすぎまして すげー揺れたものの


満天の星空の下に カミナリ雲 その下には どこだかの街の灯り

うわあ なんか すげーキレイ とか 思いつつ


このカミナリ雲 デリーにこなきゃいいなあ てなこと考えてたのですが


やっぱ 来ました すげー 台風に遭遇

あちこち 水びたしで

すっかり 水の都 デリー なのです

INDO01

 

あまりの暴風雨に カメラも 誤作動しまくりで

ピントもまったく合わない


すでに 回復してますが

こんどは 想像を超える 街の騒音


この街 みんなに一度 見せたい

こんな やかましい街があるのか??

てな かんじ


そのへんは 後々 書くとして~

シンガポール編 つづき いきます!!


========================================================

■シンガポール04 シンガポール初日 夜の徘徊編 旅立ちから22日目


目を覚ますと すっかり 真っ暗

10時過ぎてます


日本での 平均睡眠時間が たぶん4時間とかなので

旅に出て以降 よく眠れるようになりました

けっこー気づかないうちに 体力消耗してるのかもだね


まあ いいことだとは 思う


お腹減りまくりなので

とりあえず 食い物さがしに出かけます


ん?? 昼間 けっこー閑散のとしてた この界隈ですが

夜になって けっこーな賑わいです


あちこちの細い路地に わさわさ 人が出たり 入ったりです

なんだろか? いってみましょ

r01

 

ああ なるほどお なにやら賭け事の屋台が出てます

サイコロふって ああでもない こうでもないと お金が飛び交ってます

みなさん 興奮状態で ちとおもろいので


セブンイレブンで スラーピー買って ちと見学してました

いろんな人種がひとつの事に熱中してます 

オリンピック級の 感動です 


ちと 歩くと


む??

r02

 

これは たぶん 娼婦さんストリート??


見ただけで判断したら 失礼かもだけど

こんな 真っ暗な路地で 女性が男性に 金銭交渉もちかけてるのは

どー考えても娼婦だよね??


たぶん こういうのは マフィアがらみ? と思うので

おそる おそる 隠し撮りです

なので なにがなんだか わからない写真です


この界隈に 一週間ほど滞在して わかったのは


街の区画ごとに

中国系エリア インド系エリア


あと たぶん

マレー語ぽいのでインドネシア人?? か マレーシア人 のエリア

タイ語ぽい言葉も聞こえたので タイエリア? が あるっぽい


いろんな国の女性が 出稼ぎなのか

そもそも シンガポーリアンなのかは謎


そもそもシンガポールは いろんな人種いるのが普通

そいうかんじが 日本人からすると 不思議ワールドなのよね


このへんは 警官もすげー 多い

警官現れると だれもかれも 消えてしまう

ギャンブル組も 台ごと 消える


警官 いなくなると わさわさ 暗闇から 現れる

見てると 素早い動きで おもろい


このあたりは 闇たばこ屋さんも 出現するので

まじめに申告して 持ち込んだのを ちと後悔


むう なんか ちと シンガポール 見直したなあ


あんがい おもろいとこなのかもじゃん!!

(てな期待は あっさり裏切られるわけですが・・・)


さて こんな裏路地の一本向こうは 普通に大通りです

食堂や 飲み屋さんの灯りが ギラギラしてます

r03

 

うわさでは お酒が高いてことなので

実態がわかるまで 飲むのはやめときます

r04

 

こんな食堂で インド料理たべました

インドにいる今となっては

こんなとこで カレー食ってる場合じゃなかったと 

後悔!! 

r05

さて 明日は どこいこうかしら??


今回の旅で シンガポールが一番

行きたいとこが思いつかない国なのです


まあ 朝 てきとーに地下鉄のりましょーかね?

とか 思いつつ ホテルに戻って 無理矢理


寝ます

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ 

1  2  3  4