2010年6月アーカイブ

■再びフィリピン05 ともだちのまち 編 旅立ちから109日目

cek01

泊まっているエリアから 空港を挟んで南側

ラスピニアスという 街があります


まあ ラスピニアスてのは けっこ~でけ~ 市なのですが


その中でも かなり こっち側

空港から ほど近い バランガイ

cek05


バンガイ てのは 最小行政区画てことで

まあ 町内会 てな かんじでしょーか?


ここいらに

おともだち が たくさん住んでいるわけです

cek04

ともだち いうても

そもそもは 仕事仲間


彼らは 海外から来る 撮影隊をサポートする会社につとめてるのです


その中でも カミルて娘は

年代もちかいこともあって

よく 共に飲み歩く仲間です


まあ カミル家は こんな路地の奥にあります

cek02

とくに お買い物エリアてところもない


まさに 庶民の生活の場 てなかんじの

活気ある 風景です

cek03

それにしても こんな洗濯物だらけで

下着ドロなんて 現れないのかしら??


まあ 下着なんて 見たがるのも 欲しがるのも

日本とか経済大国の抱える病気? 偏った性癖なのかもだな??

なんて 思うて 聞いてみたら


「しょっちゅう 盗まれるわよ!!」と ちと 自慢気・・・・


&「ほれ、DVDとかマガジンだと 高いでしょ?」てな 謎の言葉・・・


まあ なんとも あっけらかん てか

ちとは どろぼう対策しろよ~~ おもうです


今回は 台風のお見舞いと

わたしが 旅してる間に亡くなった カミルパパに


手でも合わせよう と やってきたしだいです

cek06

ここが カミル家・・・

「ひどいでしょ??半分流されちゃったのよ~~」とのこと


わたしは 3年ほど前に ここで5泊ほどしましたが


じつのところ

前も こんなかんじでわ?? て うっかり 言葉が出そうになり

それをこらえるのに 必死・・・


そういえば うっすら ここにも部屋があった気がする

と だんだん 記憶がよみがえってきましたがね


前に ちょろっと書きましたが

とりあえず ここを サリサリストアに改造しようて企画らしい

サリサリストアてのは まあ フィリピンにくれば よくみかける

cek20

こんなかんじのお店です

まあ ころんでも ただでは起きない そいう企画は賛成だ


家の中も 散々な状態

cek07

これ 雨漏り対策か??

cek21

なんとか 救いだされた パソコン

水没したので もちろん 動きませんが・・・


まあ しょがない 義援金だ!

て ことで 10000ペソ(20000円くらい)を見舞金として渡し


これで ここに サリサリストアつくろう!!と なりました


そのうちの 2500ペソを カミル兄に渡し

材木とか 建築に必要な資材を 買いにいってもらいます


5人の兄たち わさわさと 出かけていきました・・・


お父さんの遺影

わたしの撮った写真がつかわれてます

cek12

遺影に向かい手をあわせて 黙祷です


ぜんぜん 仏教国でもない フィリピンですが

子供たちも わたしの真似して 手あわせてます・・・


お酒の飲み過ぎで 肝硬変が 死因だそうですが

お金の負担を家族にさせたくないので

一度の手術もせずに 亡くなったそうです


手術代 30000円くらいだそうです・・・


言ってくれれば・・・


とも思いますが


30000円でやる 手術ってのも


なんとなく 信用できないしな・・・


なんてか わたしがここに 滞在中は

日本語の辞書 もってきて コレ ドウ読む??

なんてかんじの 勉強熱心な 愛嬌たっぷりの おじさまでした


合掌です・・・


ともあれ 今日は この家の長男の娘 チョビーのお誕生日会

cek08

赤ちゃんが チョビー 抱いてるのがカミルです


カミル こう見えて

こう見えては 失礼か・・・


海外からの 撮影隊相手の 通訳件 ラインプロデューサー

制作全般をこなす 才女です


タガログ&英語は もちろんだけど

日本語 韓国語 中国語も 達者なのです


中国語は まだまだ なんて 言うてますが・・・

シェシェ と ニイハオしか 知らない私にとっては

神の領域です


まえは すげ~数の カミルの辞書&参考書がありましたが

それも 洪水で 流れていったそうだ・・・


当時みせてもらった 参考書への もうれつな書き込みの量みて

そ~と~な努力家なのだなあ 思うたのを 思い出しました

cek09

外では まえに わたしが プレゼントしたプールで

子供たちが遊んでます まんなかに いるのがアイバン


カミルの息子ですが

わたし この子の ニナン てやつなのです


教母 てやつですね


この子が生まれたとき

あなた アイバンのニナンねえ と言われ


まあ いいか おもうたけど

よくよく ニナンて なに? と調べると


『その子の後見人になって、その子が成人するまでは主に

経済的なサポートをしたり、人生上のアドバイスをしたります』

だとさ・・・・

cek10

まあ 3つほど

おもちゃ 買ってあげたりは したけど・・・


んな 重大なコト 引き受けられるかよ~~~


て 思うようなもんでも なく

軽いノリな かんじのニナン てほうが 多いよ~ですわ


よ~は みんなで 子供の面倒 見合おう て感じのナイスなシステムで


育児 疲れたら ニナンに押し付けて

気晴らしに出かけよう てな

ストレスを貯めない為の生活の知恵なのかも??


んなわけで アイバンには たくさんの おかーさん(ニナン)がいます

cek11

パーティーはじまりました

お誕生日サービスの会社みたいなのかね

ピエロ てか クラウン とか呼んで おおいに もりあがるのですが

cek16

聞くとこによると

よほど お金に困らないかぎり


たいていの家が こいう イベントするそ~で・・・


ピエロ 儲かるな・・・てのと


ここいらの子供 みんな このような イベントしてたら

毎日のように お祭り状態でわ??

cek13

んで こいつらは それに 便乗して

日々 飲むのでわ??

cek14

上から 2番目のカミル兄

毎回 飲み比べで やっつけられてしまいます


わたしも 打ち負かした 経験あります

懲りないのだな このひと・・・

cek17

カミルの妹 メイリン

わたしのカメラで 自分撮りしてたようです・・・


知り合った頃 小学生だったのに・・・

もはや バッチリメイクです


まだ 16・・・

ちと ケバいのでわ???

cek19

んなわけで ひたすら 楽しげに 暮らしてました・・・


洪水被害 父親の死と

たてつづけに 不幸があり


さすがに ヘコんでるかな?? と 心配してましたがね


さすがです フィリピン

ストレス 貯めません・・・


明日は サリサリストアの 商品調達に

バクララン市場に いくです!!


でわでわ~~

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ  

いやはや 昨日で 猛烈なスケジュールも ひと段落です

じつに ひさびさに 自分の時間が もててるかんじ~~


きょうは もうれつに ぐだ~~~ としてます


世間は 総理大臣交代とか なってるよーですねえ

まあ 総理も 総理ですが 国民も 国民・・・・


なんて こらえ性のない 国なんだべか??

てな かんじで 本編いくです


■再びフィリピン06 バクララン市場 編 旅立ちから110日目

nsk03

んなわけで

サリサリストアの商品を揃えるために

バクララン市場へ やってきました~~


どんなもん 買うの??

nsk04

まあ こんなかんじががお手本ですね~~


上から ぶらさがってるのは

洗剤 シャンプー お菓子 などなど です


予算は わたしの提供した 20000円から

材木代 と ペンキ代と 電気をひっぱる 配線のお金を引いて


まあ 13000円といったところです

それプラス カミルの おこずかいから10000円

計23000円くらい なり

nsk08

この奥に見える ジョリビーでカミルと待ち合わせです


ジョリビー ハンバーガー屋さんですが

フィリピンでは優秀な企業です


いま世界中で1500店舗とかあるのだそうだ

マクドナルドが 唯一 シェア1位になれない国が

この フィリピンなのだとさ~

nsk07
 

バクララン市場 いつ来ても 活気あって好きなのねえ


前に ここで起きた 火事のこと

ちがうブログで「懲りないひとたち・・・」てなタイトルで

書きましたが


消防車が はいってくる隙間がないので

ひとつの露店から 火でると

ただただ 燃えひろがるそうで


何人も死者がでています

3年くらい前かな?そのせいで ここは 露店禁止になったのですがね・・・


まあ 懲りない てコトで・・・・

nsk05

べつに消防車はいれる スペース つくったわけでもなさげだし・・・


じつは その事書いた3年ちかく前以降

ここは 2度燃えているそ~です・・・・

nsk06

ちなみに 火事で 出店禁止の頃のココ


てか カミル 案の定 まだ 来ない・・・

いつものごとく 「渋滞ダカラ~~~」

てな テキストが届きますが・・・・


いつも 渋滞なんだから そんくらい計算しろ!!

なんて 怒る気もしません

こればかりは もう 慣れちゃったな・・・

フィリピンでは 待たされるくらいで イライラすると

生活できないわよねえ

nsk25
 

わたしは ここまで 電車で来れますがね

カミルの住む ラスピニアスには 電車は通ってません

nsk24

これが ここいらの 道ですが

もはや どうやって 来るんだよ!!


てくらい 秩序のない 交通事情なのです・・・


いまの計画だと 線路 伸びて

ラスピニアスまで 行くハズ


したら 言い訳は させんぞ!! と おもうです・・・

nsk27

ずいぶん前に となり街にある 映像機材屋さんに


くるまで 行って

まる半日 かかった事が あります


機材借りるだけで 半日つかってしまうとは・・・


そんなんじゃ ここでは要領のいい仕事できないなあ

なんて 痛感したことがあります


鉄道がもっと整備されて 道路環境がよくなる・・・

経済発展する上で 重要なコトだわよねえ・・・


しょがないので

ひとりで ちと ウロつきます

nsk20

無理矢理 屋根付きにしてるエリア

逆に 中 ムンムンしてますが・・・


まあ

わたしが  シャツだの 下着だの

大人買いするのも このあたり


1年の洋服代 ほぼ10000円くらいで済むのは

ここいらの おかげ~~


浮いたお金を カメラだの パソコンだの

デジもの に まわせる わけです!!

nsk10

ああ ここも

お店番 こども だけだなあ・・・


こども いうても いちご模様の子は

わたしと 背 おなじくらいだけどね・・・


てか いちごの シャツ ここであつかってるものなので

ご購入~~~

130ペソ(260円くらい)なり~
 

キチンと 看板娘の役割 果たしてるよねえ

おとうさん おかあさんは ひと休みの時間なのだろね

nsk33
 

よく 野菜売り場だの 食材系の露店なんかだと


こどもが 店員さんで お客さんも こども

なんて光景 よく見ますがね・・・

nsk35

こんくらいから 値段交渉でバトルしてるんだから

経済感覚 身に付くだろねえ


社会も 成熟してくると

こどもには 働かせない てなってくるのでしょうけど


日本も経済発展してた頃は

こどもの頃から働いてた てな年代が主役だったんだろうなあ

nsk31

○お金稼ぐ! 子供は豊かでしあわせ 勉強もできる時間できるハズ・・・

○が なぜか ぼんくら

○その世代が 大人になる! ぼんくらだから 経済が破綻する

○したら その子供らが また がんばる

nsk09

そーいう ローテーションて あるのかもね

てな かんじの ハナシ

ちょうど きのう チャットで話したな・・・

nsk11

見るとびっくるするかもだけど 10歳満たないような子が

「じゃあ 3つ買うなら 100ペソでいいよ!」

なんて やってるのみると


たのもしい&かわいい で ついつい微笑んでしまうです・・・・

nsk26

こんなとこで バーベキュー串でも たべながら時間つぶします・・・


ひとが 多くあつまるとこだけあって

たべもの屋台も たくさん・・・

nsk22

しかし カミル 遅いなあ・・・・


あ きた・・・


「いま ジョリビ~ ぼす どこ~?」てな テキスト きます


「お腹ペコペコ~、なんか食べようよ~」また このパタ~ンだ・・・


待たされてる間 する事ないので なんか食べる

そのあとに なに食べようか?? となる


いつも いつもだ・・・



てか 字数制限なので・・・

バクララン市場編 次回につづく


でわでわ~~

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ  

■再びフィリピン07 バクララン市場2 編 旅立ちから110日目2

nsk28


わたしは 満腹なので

カミルだけ チキンジョイたべさせて 問屋街にいくです

nsk17

この路地の両脇の民家みたいなとこが

じつは 問屋さんです


中にはいると 小袋につまった 洗剤や シャンプー お菓子

ズラ~~~ っと 並んでます


ちと 暗すぎで 写真撮れないレベル

日本人が一緒だと ぼられるかも?

てので わたしは ちと 距離置いて 見守ります


んなわけで れにおさん待望の お買い物シーンはありません 

ウキキキ!! 

nsk19

nsk18

nsk23

路地でると 周辺は サンダル屋さん だのが 並んでます

nsk21

球じゃなくて ひらべったいコイン?みたいの使うビリヤード

よく 民家の軒先でみかけますよ~


ビリヤードも フィリピンでは 大人気スポーツ


ボクシング バスケ ビリヤード みんな B がつくので

人気スポーツを総称して 3Bて いうのだそ~だよ


何度も世界チャンピオンになってるビリヤードの神様 エフレン・レイズ

英国での世界選手権の試合中 母国で娘さんが亡くなったという知らせを

聞き 悲しみをこらえながら決勝までいったブスタマンテ選手 なんかは


国民的 英雄だ


世界ランキングの トップ10中 7人がフィリピン人 なんて年もあったそーで

なんせ 強い!! てことだ


人気スポーツを一般家庭でも 楽しめるように

工夫したのが この ひらべったいビリヤードなのだろうね

nsk29

今日のパーティー用に

食材買って ラスピニアスに戻ります


パーティー? なんのパーティーだ?

nsk32

「ぼすが来たから パーティーなのよう」だそうだ が

昨日も 誕生会で パーティーだったし・・・


わたしのパーティーで わたしが 金つかうのは

ヘンテコなハナシだ・・・

nsk36

まあ このような モヤモヤは

フィリピンに知り合いがいる人は

ほとんどが 体験してるハズ・・・


まあ たのしいから いいんだけどね・・・

nsk37

すげ~ ゴミ・・・

こんだけ でけ~ 市場だと


1日のゴミの量 すげ~んだろね

あちゃこちゃに こうやって 集めてあります

nsk38

ちなみに 道の どまんなか です・・・


回収しやすいように なのでしょうが

渋滞の原因にも なってる気がする


さあ カミル家に 戻ろう!!


車の流れがいい

ロハスブルーバードまで出て タクシーひろいます


ちと 歩けば 空いてる道もあるのですがね

その距離ですら 歩きたくないらしい お友達・・・


なので 混んでるとこで 車 ひろう


よって 時間には 遅れる


そんなタイプが 多い気がする・・・

nsk43

しのごの 買ってきた 商品を


どのように吊るすのか


どう 配置するのか


なんてことで 盛り上がります

12dfeb56

わたしは もうれつに ペンキ塗りがしたかったので


おにいちゃん連中にまじり ペンキ塗りです


あんたら かわいいんだけどねえ

nsk01

邪魔っけだ!! シッ シッ!!


きのうの 午後 義援金渡して

2ec15c39

今日 もう この状態です


フィリピン人は なまけものが多いなんて

風評は よく聞きますが・・・


ほんとなのだろうか?


撮影の仕事で使う 照明部とか 見ててよく思いますがね

日本の照明さん より もうれつに動くし仕事早い!!


て 気もするのですがね・・・・


まあ ハリウッド映画の撮影とかで 鍛えられてるからかな


なんとなく 先立つものさえあれば

みんな 働き者な気もするよ

働かない てより 働けない てことなんだろうな・・・

なんて 思うたりする


政治だな 政治!!

nsk40

パーティーの準備中 近所 ウロつきます


ここでも バスケです

nsk39

人々の笑い声 鳴き声 怒鳴り声


なんとも騒々しい町ですが


家からでてこない 日本のゴーストタウンのような住宅街

に くらべれば


その 騒々しさは なんとも 心地がよい

nsk42

夕焼けにつつまれる時間の この町は

なんとも 美しく 目に映ります


んでもって

nsk44

また パーティー・・・ てか 宴会か・・・


サリサリストアづくりに 参加してた連中~~~

宴会目当て なのでしょ~が・・・


ごくろうさま!! ありがと~~
 

nsk45
 

眠いので 本日は ここに お泊まりします!!

でわでわ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ  

■再びフィリピン08 マニラのりもの図鑑 編 旅立ちから111日目

jip06

また明日ね~~


ん? なにが また明日なのだ?? とか 思いつつ

まあ いいや てなわけで

ラスピニアスのカミル家を後にします

jip13

ここいらへんだと

あんま タクシーは通らず


けっこー待たないといけないので ジプニーで帰ります

jip11

てなわけで 今回はマニラの のりもの編 としときますか!


マニラの風景を撮ってれば かならず写り込むのが

このジプニー 一体どんだけの数 走ってるのだろか??


庶民の重要な交通手段ですがね


なんだかんだ 旅行者としてマニラ訪れた場合

このジプニーてのは けっこう 乗るのにコツがいる


なので 乗り方を簡単に説明しましょ~~

jip19

●どこへ行くのか?


まず 行きたい場所と 地名が一致してないと駄目だね


不規則に動いてるように見えて

じつはジプニー それぞれ 特定のルートを往復してます

jip14

車体の横に通る地名が書いてるのと

前の窓に いま向かってる地名が書いてあるので


それで どこいくのか確認するか

運転手さんに 行きたい場所告げて いくのかいかないのか

聞けばいいです

jip16

●ジプニーの乗りかた

自分で手あげて停めるか 定番で停まる場所あるので そこへいくかだね

土地勘がないと 反対側の道で待ってしまうので
要!確認!!

jip21
 

●お金の払いかた

いまは だいたい 8ペソ(16円)が基本料金だね


近距離の場合 だいたいその 8ペソで済む

場所によって ちがうのかもだから 確認はしたほうがいいか・・・


運転手さんから 遠い いちばんうしろの席になった場合は

他のお客さんに 「バヤッド(これ料金ねえ)」とか言うて

お金をわたして 手渡しで 運転手さんに届けてもらいます


遠いとこ行く場合は「バヤッド サ~」の後に行く場所名もつけくわえましょ

jip01

おつりも 手渡しで ちゃんともどってきます


自分が 運転手さんに近い場合は

逆に 手渡しで 渡してあげます


このかんじが わたし 大好きなのです

jip02

1回 おつりを 戻そうとしたら おつり受け取らず降りちゃった人がいて

おつりの 2ペソにぎりしめて 途方にくれた事があります


この場合 もらってしまっていいのだろうか?

そこが最大の謎・・・・

jip15

●降り方


降りたいところの景色 見えてきたら

「パラ!!」 「パラ ホ!」 「パラパラパラ!」
(どれも 停めて~~ て意味)

とかいいながら 天井叩けば 停まってくれます


ホ をつければ ちと丁寧なので 真ん中のがいいねえ

jip04

●注意と欠点

安くていいのですがね 他のお客さんの都合で いちいち停まるので

タクシーとかにくらべたら もちろん 時間かかる


エアコンもないし お客さん大人数で 渋滞の中に突入すると

蒸し風呂状態です


まあ そいうのは 嫌いじゃないので いいのですが


このジプニー 犯罪が多いそうだ・・・

いまのとこ なんも被害に遭ったことないけど 気をつけなきゃね!


深夜に乗らないこと と

荷物があるなら 胸に抱きしめて くらいはしときましょ!!


あと 大人数で乗るなら バラバラでお金手渡さず


まとめて ダラワ(2人ねえ) タトゥロ(3人ねえ)なんて いいつつ

前にまわしてもらうのが マナーなのだそうです

jip05

でも これ乗るのおぼえれば


タクシーなどで 運転手とふたりきりになる危険がなくなる・・・

値段交渉で 不快になることが減る! など


いいことも 倍増てわけだ!!


ついでに 他の乗り物~~


●トライシクル

jip10

これは たくさん乗れる 乗り合いタイプのやつだね


こいうのは 特定のコースを 回ってるものが多い

他にも タクシーのように どこそこ 行って~ てタイプもある


てか そっちのほうが多いか・・・


ひとつの家族満載なんて光景みると なんだか 微笑ましいよ^^


値段は 距離によって 交渉だけどねえ

まあ たいがい 100ペソ(200円)以下で あちゃこちゃいける


日本人なら 地元の人の倍払っても 痛くも痒くもないレベルだ


まあ なるべく モメないでねえ~

恨みもたれても いいことないです・・・


jip07

●ペディキャブ


サイドカーだの トライショーだの ビシクレータとか いわれてるもの


どれが メジャーな呼び方なのやら??

友達系は 比較的 サイドカー てのが 多いかな?

jip03

まあ 自転車の横にサイドカーつけて お客さん乗せるやつだね


もちろん 人力なので 行動範囲はせまい

てか わたしの場合 これで行ける距離は 歩く!!


なので あんま値段も わからないけど 2人乗せてもらって

3キロ先くらいのジョリビーに 50ペソでいったことはある


それが 高いのか安いのか 謎

jip17

んでも そんときは 雨だったなあ

天候とか 気分も 値段に影響するかもしれない

jip20

供給過多なかんじなくらい多く見かけますが

人口に対して 仕事のすくない この国には 重要な仕事なのだと思う


友達カミルも 映像の仕事で稼いだお金で

兄たちに サイドカーだの トライシクルだの買い与えてます


とまあ

jip08


マニラのりもの図鑑な かんじですが


ジプニーとか

ディーゼルエンジンで 体と地球に悪そうな黒煙と騒音


プワッパワ~~ てな猛烈なクラクション鳴らしながら

ブイブイすげえ数・・・

jip23

じつは わたし このかんじがたまらなく大好きで


もちろん 地球環境には 悪いのでしょーが

んなことは さておき


電動のジプニーが 試験運転中なんてニュース聞くと

かなり しょんぼりな気持ちになってしまいます

jip24

ジプニーが電動だなんて・・・

F1が電動になって 音とかしなくなる 並みに ショックだわ・・・


そう思うのは めずらしい? わたしだけ?? なのかな・・・

jip25

そういえば はじめて ひとりで ジプニーに乗れるようになった時


はじめての おつかい て気分だったな・・・


まだまだ 自分は なんも知らない

知らないとこくれば その国の 子供以下の知識


こいうの ひとつひとつクリアしていく とか

なにか あたらしく おぼえるとか

そいうのが やみつきになって 旅中毒てのに なるのかもだな

なんて ことを思いつつ


いつもなら


ジプニーで バクララン市場まで きて

そこから 電車なり タクシーなり 乗って帰るのですが


気の迷いで 知らない地名の ジプニーに

乗り換えてしまいました

jip22

とはいえ このへんなら どこに行っても 見たことある景色だとは思います


気のむいたとこで 降りて てきとうに 歩いて帰ろう・・・


そんな気分なのです


まあ とくに 予定ないしね・・・



でわでわ 次回につづく 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ   

1  2  3