2010年1月アーカイブ

おけあめ~!

| コメント(0) | トラックバック(0)
Newyaar

あけまして おめでて~ です

本年も 笑顔でまいりましょー

笑顔をたくさん あつめましょー

でわでわ 

みなさま よろしくでし!


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ
 

■ネパール02 ネパール入国 カトマンドゥへボロバスの旅

54日目のつづき~ から55日目のこと・・・
 

国境のゲートを てくてく歩きながら超えます

え?いいの? なんのチェックもありません


ネパールにはいると すぐ右側に

cv01

こんなかんじの イミグレがあります
 

ここはベラヒヤていう町 インド側はスノウリて町だそーだ


ビザ取得には 写真とUSドルで25ドル(いまは2000円くらい?)が必要

15日のビザ 25USドル  30日だと40USドル 90日だと100USドルだそうです

cv01-2

一緒のバスだった日本人の娘が 

写真がない!て慌ててたので

こっそり わたしのあまった写真渡してあげました


「つかえるかな?」

「このひとら 日本人なんてみんな同じ顔に見えてるのでわ?」


やってみそ! てことでしたが 
問題ナシ あっさり通過です

よいこのみんなは 真似しないようにね~

たぶん写真撮るとこは あるハズ・・・

cv03

国境の町 ベラヒヤの朝

もう朝? てことですが 昨晩の写真がないのです


ちとムカついて写真どころじゃなかった

てのは ツアーで用意されてる安宿のドミトリーに泊まったのね


同室は 2つ年下の日本人女性

アルゼンチン人の女性ふたり わたしいれて4名


そのアルゼンチン勢がタバコ吸いはじめた・・・


わたしもタバコ吸いですが さすがに他人と同じ部屋なのに

許可もなしに喫煙するようなことはしない

お国柄のちがい?とか イライラしながら思うてました が!


ん? まてよ?

これ タバコじゃないな?
 

クサだな 葉っぱだな ガンジャだな・・・

ようするに大麻ね・・・


即座に 「でてけ!」 て やっちゃいました


アルゼンチン人っ娘らは「べつにいいじゃんさ~」てかんじなので

吸ってる大麻取り上げて「吸うなら外で!」て 怒鳴ってもうた


殴り合いとかにならないものの ムード最悪

あまりの気まずい雰囲気に 写真なんぞ撮ってる場合でもなく


すぐに布団にもぐりこんで 寝てしまった次第です


いつ寝首かかれるか わかんないので

あんま熟睡は できず!

cv02

さて出発です

一緒だったバスツアーのひとらは

カトマンドゥ行きと 
ポカラ行きにわかれます さようなら~


わたしはカトマンドゥ

同室の日本人娘は ポカラ行く言うてたのに カトマンドゥ行き

アルゼンチン勢は カトマンドゥ行く予定が ポカラ行きに・・・


よほど わたしの顔が見たくないのだな・・・

すんまへんねえ・・・


んなことより ポカラ! そーとーいいとこみたいよ

いつか 行ってみたいもんだ・・・

cv04

宿でツアー客を乗せたバスは

5キロくらい先にあるバスターミナルで地元客を満載します


これでもか!! てくらい乗せます・・・

超満員にならないと出発しない気だな・・・

もう ええじゃろうが! 早く出発せい!!


このバスいくらで借り切れるのかな?

見てると 地元のお客さんは ちみっとしかお金だしてない

短距離しか乗らないにしても あんくらいの金額だったら


カトマンドゥまでいっても 10000円も儲からない気がする

20000円もだしたら 喜んで貸し切りにしてくれそうだ


ん?バラナシから飛行機乗れる額だな

てか 「このバス借り切るよ」なんて

すげー嫌な奴そうなので とても言えません・・・

cv05

最初の休憩場所

ここで 地元勢がけっこー降りていき

少しすくかな 思うたら


バスの乗務員が走り回って 客募集してる・・・

ひとりでも多く 乗れるだけ乗せたいのだね

まあ 仕事熱心は悪いことではない・・・


はしっこのほうに 食堂みつけたので

cv07

こんなん 食うてみた

辛い! 5人で 食べてましたが 完食はわたしともう一人だけ

cv08

前の席に座ってた娘

前にも 別カットの写真載せましたが

この娘 シャッターきる度にちがうポーズとる・・・

プロの子役かなんか??

つらいバスの旅を すこしなごやかにしていただけましたよ

cv09

すこしづつ 山道になっていきます

てか また・・・パンクかよ!!


きのうのインドのバスといい

パンクは もう 決まり事のイベント??


しょがないので ここで

今回の旅 三回目の 野しょんべん となります

cv10

窮屈さにも慣れてきて ゆとりもでてきたので

「オンボロバスの車窓から ネパール編」いくです

cv11

微妙に牛の種類も変わってきてる気がします

人間も だんだん濃い顔から 薄い顔になってきてる気がします

cv13

むちゃくちゃな道になってきた 
てか コレ 道なのかよう!!

そもそも 猛烈に飛ばす運転手さん

こんな道になっても 全然速度落としません

ネパールのバスって みんな こんなん?

cv14

ぶつかりたてのホヤホヤ こえ~ねえ

cv15

道じゃないとこに落ちて とほーにくれてます


クレーンで谷底から引き上げられてる 乗用車も見た

お坊さんが 谷底に向かい お経あげてました・・・


そいうの見ても

バスの速度は 落ちることはありません

cv17

でも 爽快な景色だ

崖の下には 車が何台も落ちてるけどね


そろそろ カトマンドゥ着いてもおかしくないんだけどねえ

cv18

まだ ちと 田舎町だよねえ

cv19

お! サンミゲルの看板!!

ネパールでは 飲めるのね!!ちと ウキウキしてきた


警官に停められた

cv20

スピード違反かな? ざまーみろ

でも こんなとこで時間とられたくない 
見逃しておくれよう

どうやら

知らぬ間に 屋根に客が大勢乗っていたようで

降りろ! てことらしい 怒られた乗客が 全員車内に・・・


窮屈な中 車内のオンボロスピーカーから

謎のネパール歌謡曲みたいのが流れてる


これが また感にさわる

ipodで聞いてる音楽と混ざって わけわかんない音になってる


ぐううわああ その音楽 やめろ~

てか わたしの膝に 荷物置くな~

そこ~ ゲロ吐くな~


不快指数 頂点です 大沸騰です


でも・・・

警官に停められるてことは もうすぐ首都かな?


そこから2時間・・・やっとカトマンドゥに到着です

7時間くらいて 聞いてたのに 11時間かかってる?

てか ここどこ?


むむ? 白人のカップルにつられて

外人ツーリスト勢全員 ひとつ手前のバス停で降りてしまったぽい


どしよかな・・・・ おもうてたら 豪雨

タイミングわりぃ!


あわてて タクシーつかまえて 値段交渉

ここはどこなのか わかんないから 交渉もへったくれもない


安宿の並ぶタメル地区まで 言い値は400ネパールルピー(500円くらい)

「ノー200だ!」とごねて とりあえず200てことで落ち着く


日本人が4人いたので

ぜんぶ乗せていけば ひとり50ルピー

cv21

国境の宿で同室だった娘が 「高くない?」とかいいだして

猛烈に値切りだした・・・


走り出してから 値切るってのは 失礼だしょ?

てか 自分らがどこにいるのか 理解できてないのに

「高くない?」 てなに?


もうれつな値切りに 運転手そーとー不機嫌・・・


「わたしが全部おごるから 黙ってて!」

つい イライラして 言うてしもうた・・・


大麻の一件もあり その娘にとって

わたしって そーとー おこりんぼに 見えたに違いない・・・


団体行動つかれる・・・

cv22

タメルにつくと いちおう みんなで食事

モモていう ネパールの餃子みたいの 食べた これは ウマい!


メンツは

●もうれつに 値切りたおす 女子大生

●インドの旅行会社に10万円 だまし取られた 大学生

●ひたすらタバコの害をうったえる 歯科大生・・・


宿どこにする?? とかハナシあってる・・・

さて・・・ どうやってこの場を逃げるかな?


「ネット販売が仕事だから ネット完備の宿じゃないと駄目」

て ことで逃げることにする

みんな 最低料金な宿さがしてるので ここでお別れだ


わたしだけ社会人だし

「ここは ぜんぶわたしがオゴるねえ」(ぜんぶで700円くらいだし)

「おお! ありがとうございますう」

「ネットつかいたかったら 部屋きてね~」

「おお! ありがとうございますう」 と 別れる・・・


まだ宿決まってないのに・・・

狭い町だし そのうち どこかで出会うでしょう

思いつつ ここが 今生の別れ でした・・・


バス疲れすごいし どこでもいいや て 飛び込んだのがこのお部屋

cv23

一泊 250ネパールルピー(340円くらい)なり


宿でこの値段てことは あのタクシー

やっぱ高かったんだろな とか おもいつつ


ぐっすりです グゥ~~~~
 


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ

cvv

いまさらなのですが・・・
正月だし 自分の過去記事読んでみよう てなわけで

月刊アーカイブひらいて
記事を はじめから読んでみるか 思うたら 

この ライブドアのブログって  記事を 古い順にできないのね・・・

しらべてみたら 
アメーバブログとか F2Cは 投稿順と新着記事順 を切り替えられるのだそうだ・・・

こいう 旅日記とかは はじめから順を追って 読みたいよねえ

まるごと ブログサービス 引っ越ししてやろうかな 思うたけど
記事は エクスポートできても 写真は無理ぽい

こんだけ 写真多いブログだと とほうもない作業になるね


いつの日か ライブドアも 記事の順番 逆にできるようになるといいな

そんなの 簡単そうなのに・・・ 難しいのかな?
それとも そいう 需要ないのかな ?


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ 

■ネパール03 体をやすめましょう編 旅立ちから56日目


きょうは 朝から雨・・・


まる2日のバス移動は そーとー疲労したしね

もともと ひたすら寝てやる! て思うてたので ちょうどいい


そんでも お腹はすくので


雨雲が去ったのを確認し

おいしそうなもの 探しにでかける

li01

このカトマンドゥのタメル地区は


あちゃこちゃから バックパッカーだの 登山客があつまるそうで

見てると たしかに いろんな人種が歩いてる


物価も安いし 暑くないし 居心地いいんだろね

li02

デリーや バラナシにくらべると 客引きも少ないし

すげー歩きやすい


インドとのギャップで 特にそう感じるのかもしれない


ついつい 長く居たくなりそうなとこだ


んでも

「葉っぱ 葉っぱ 大麻 大麻」てのは あいかわらずいるけどねえ・・・


いろんな国の人があつまるてことは

とうぜん いろんな国の食べものがあるハズ


んで 日本人である わたしは

もちろん 日本食が食べたい(ちゃんとしたやつね)!!

li03

てわけで見つけたお店がココ


宿のある通りと平行して 一本西側の道

歩いて 5分かかんないかな?

li04

「おふくろの味」てお店だそうです


すげー うわああ どれも食べたいよう

li07

てかんじのメニュー


いまのレートだと このメニューの値段を

1.3倍くらいにすれば 日本円になります

安いでそ? これでも きっと贅沢な食べ物にはいるハズ


悩んだあげく注文したのはカツ丼 130ネパールルピー(170円くらい)なり

li05

涙でるくらい おいしい


インドからきたから よけいおいしいのかもだけど

もし日本の家の近くに このお店があっても

きっと ちょくちょく行くと思う


バンコクでは わりと おいしい日本食たべれたけど

インドでは 皆無だ


そもそも わたしは 日本食屋さんがあるのに

わざわざ その土地の食べ物にチャレンジなんてしないタイプ

ぶっちゃけ 日本でさがせば どの国の料理も食べれるしね


インドに滞在したのは10日だけだけど

こんなに カツ丼が おいしいとは!!


ともかく 感激なのです が!

その カツ丼より 感動したのは


これ!

li06

オマケの おしんこです


うう これ おいしいよう

おかわりちょうだいよう うあ ありがとう


おかわり もらいました・・・


満腹になったので ホテルの屋上で ゴロゴロです

li08

雲が少ない日は ヒマラヤの山々が見れるそうですが


残念!

乾季(10月以降?)に来たほうが いいぞう とのこと


でもまあ 今日は 雨あがってからは

ほどよく 暖かいし 快適 快適


宿の食堂から ビール買ってきて

ここで このブログ用メモ 書きながら

ひたすら まったり

li09

これが 今日のディナー

宿の食堂のハンバーガーです


エベレストビール

li10

残念ながら ここには サンミゲルは置いてないみたい

んでも このビールも けっこう好き!!


てな かんじの 休養日でした


このへんは 毎晩8時くらいになると

2時間くらい 停電するみたい

節約のための 政策なんだとさ


そんでも 発電機で 各部屋のファンくらいは動くようにしてくれてますが

電気ないと パソコンできないし

つまんないので ロビーとかで ホテルマンとかと おしゃべりします


他のお客さんも つまんないみたいで

停電になると みんな集合 みたいなかんじ

li11

電気がないと コミュニケーションなのだな

ご近所づきあいとかも 増えるのかもね

こりゃ たのしいな


でも 去年だか おととしくらいは

一日 16時間停電とかの時期もあったそうで

さすがに それは キツそう・・・


お! 電気復活! さて寝よう!

明日から バリバリ 歩くぞう~

 

でわでわ またねん!


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ 
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10