2009年12月アーカイブ

 

■インド05 デリー徘徊編 旅立ちから46日目2


前回のつづきで まだ46日目のオハナシです

 


道まちがえたので いったんホテルのちかくに戻ります

zx01

ホテル周辺は ひたすら こんな細い裏路地だらけ

迷路みたいで たのしいよ

zx02

お! ここが ほんとのメインバザールだな

ぜんぜん ちがうとこに 安宿がずらーっと並んでたので

そこが この道だって 勘違いしてたのだな

zx03

道路グチャグチャ

観光客目当てのお店だらけって聞いてたので

もうちと マシな道かと思うてたよ


他の道はわりと舗装路多いのに

なんでメインバザールが未舗装なのだろか?

牛とか放置する都合なのかな?

まあ 舗装すると よけい暑くなりそうだし いいことだね


ここが ニューデリー駅

zx03-3

さっきの雨で駐車場 水びたし~~


首都のメインステーションの治水がこんなんじゃ

本当に新興国なの?? てかんじだ

zx04

駅の方から見た メインバザールの入り口

二股の右側だからねえ まちがえないでねえ


ここに 観光客目当ての ウソツキ野郎ぽいのがたくさんいるので

声かけられても 耳が聞こえない人のフリしてくださいねえ


駅前の食堂街

zx05

考えてみたら 首都のメインステーションの駅前てことは

日本でいう 東京駅の駅前みたいなもんだ

てことは ここは丸の内みたいなもんだな


なんか テレビでしか見たことないけど

ムンバイてとこのほうが よほど首都ぽい

そのうち 首都移転とかあるかもだな

zx06

うわああ いつのまにか 空

すげー あやしい色になってる


用事済まして とっととホテル戻ったほうがいいだな

目的地は 外国人用の切符売り場です

電車の時刻表と 路線図が欲しいのです

zx07

正面の入り口はいったところです

zx08

左奥のほうに こんな看板あります

「INTERNATIONAL TOURIST BUREAU」て書いてあります

ここが目的地のようです

2階にあがった廊下の奥のほうが外国人用のチケットオフィスです


ここでも すげー怪しいインド人が

ここじゃないだの 案内するだの 言うてきますので


耳が聞こえなくて しゃべれないフリしてください

耳と口を指差して 手をバッテンにすればOKです

すげー しつこいけど そしたら あくまでも無視!!がいいです

きっと この人たちが悪徳旅行会社に連れて行くので有名な人たちです


残念ながら 路線図は在庫ナシ 時刻表も壁に貼ってあるやつだけだったので

写真撮って退散です


くそう すげー歩いたわりに収穫ナシです

迷ったのは わたしのせいだけどねえ

1階に降りると・・・

zx09

ぎゃああ もう降ってるのかおー

しかも 暴風雨!!

この事は 前にちみっと触れました


これ 台風だな??

斜め降りで 駅構内まで みずびだし

zx10

みんな 奥のほうに避難です

zx11

かわいそーに 白人女性のバックパッカーの人だな

みなさん 膝くらいまで 水につかってズブズブ歩いてきます

まだ夕方の4時なのに 真っ暗!

zx12


1時間くらいかな? 弱くなるの待ったけど

駄目みたい


しょがない! いくか!!

猛烈な雨の中 はしりだします

zx13

カメラも びしょぬれです

いよいよ スペアカメラの出番かしら?

zx14

どこの国の子供も こいう時 すげー嬉しそうよねえ

わたしも この状況を楽しまねば!!


てか ほんとに 楽しくなってきたぞ~い

ひゃっほう!!


ホテルに戻り

すっぱだかで ぬれたもの お洗濯です

雨でぬれたもの 放置すると ドブ臭くなるからねえ

シャワーが すげー気持ちいいです

お! カメラも乾かさないとだな!!

もう 外にでれる状況じゃないので


ルームサービス頼みました

zx15

これが このホテルの最高級メニュー

ノンベジタリアン タリー 160インドルピー(320円くらい)

ちなみに タリーてのは 定食てことね!


外にでれないし

しょがないので テレビでも見るか

zx16

ふむう まだ マイケルなのだな

この時点で 亡くなってから 約2ヶ月


通って来た国 どこでも 延々とマイケルネタです

日本でも こんなに騒がれてたのかな?

どうやら 専属医があやしい とか言うてるみたいだな

zx17

あとは ボルトの世界記録で盛り上がってたよ


どうもクリケットてのが 日本の野球なみに人気あるようだ

3チャンネルくらいで クリケットやってた

おかげで ちと ルールわかってきた


しかしなあ 今日なあ


ほんとは もっと安い宿 探す予定だったのになあ


もう ここでいいかなあ


エアコン フィルター掃除したしなあ


ううう 目しょぼしょぼだ ちみっと眠いだなあ


雨とか よけい 疲れるのよねえ


おやしみい  くううZZZzzzz


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 


■インド06 デリー徘徊編 旅立ちから47日目 


朝です 昨日の台風が?のような晴天です

 

朝食はルームサービスで済ませます

bv01

エッグマサラ 50インドルピー(100円くらい) ロティ2枚 10インドルピー(20円くらい)

サービスチャージが6インドルピー取られます 10%てことだな?


ホテルマン すげー悪いことするみたいに

「ビール飲みたくない??」て聞いてきます


朝からかお!とか思いつつ

そいえば もう3日も飲んでないだな?


値段を聞くと 100インドルピー(200円くらい)とのこと

どうかんがえても 食事の値段に対して 高すぎる


そんくらい出してもいいんだけど

念のため「ホントの値段は??」て聞いてみる


どうも ほんとは50インドルピーで買えるそうだけど

ここには置いてないので 外に買いにいくのだそうだ

んで お駄賃で50インドルピーなのだそうだ


なりほどねえ ようは お小遣い稼ぎなのだな

まあ この人 ずっとこの階の担当みたいだし

しばらくお世話になるので 買ってあげよう


経験上 こいう事で仲良くなっておくと

一段と生活が快適になる


チェックアウトするまで 金づるは 一生懸命守ってくれるよ

逆にケチると 何頼んでも後回しにされたりする


「でも 次回のチップは20だよ」言うたら

「OK!」ニカッ!て笑ってた

bv02

んで 買ってきてもらったビールだけど

キングフィッシャーてビールだった


これ F1のフォース・インディアてチームのスポンサーだな

なりほどお ビールのメーカーだったのか!とか感心しつつ


しかし なんで 常温なのだ??


「冷たいのはないの?」て聞くと

「え?冷たいのが欲しいのか?」

内心 「あたりまえだ~~~」思うたけど

今度で いいよ 言うといた


んなわけで モーニングビール

ヌルい ヌルい てか 温かいレベルだ


さて おでかけです

まだ このへん ウロついてないので


午前中は メインバザール(バハールガンジ)周辺

午後は ニュデリー駅の向こう側

オールドデリーをうろつく事にしましょ

bv03

ホテルはメインの通りから5分ほどハズれた

裏路地にあります


このへんは 観光客も見かけなくて

ふつうに 地元の人の生活圏なかんじ

bv04

野菜とかの露店が ところどころにあり

お客さんが 喧嘩みたいな口調で ねぎってます

てか ねぎってるんだと 思われます

bv05

お いいかんじの電線

ちと うれしい

ちみっとだけ グチャグチャな電線マニアなのです

bv06

こいう トイレ ところどころに ありますが

圧倒的に 立ちションな人を多く見かけるので

意味なさげです


女性用は見かけないです

あっても 恐くて はいれないけど

公平じゃないわよねえ

てか これ かなり勇気必要な撮影でした

bv07


狭い路地だってのに

いろんな乗り物がはしってます

bv12

リクシャだの オートリクシャだの 牛車だの バイクだの

荷物積み過ぎて それ通れるの?てのも たくさんいます

案の定 身動きとれなくなって 立ち往生


当然 うしろからくる人たちは通れない状態なので

大喧嘩になったりしてます


インド人 計算が得意なハズなのになあ・・・

なんで こう 怒鳴り合い アチコチでしてるんだろか?


そもそも こんな路地 バイクくらいにしとけばいいのになあ

そんなルールつくっても 守る人 いないのかもだな

bv08

髪の毛 ペタ~~ てさせすぎだよ

bv09

ここが このへんのメイン通り

この通りにでると 観光客ぽい人 けっこう見ます

bv14

ここまでの旅で ほぼ見かけなかった 日本人

やたら 見かけます

韓国人ほどじゃないけどねえ


わたしが 日本人いそうなとこ 避けてたのもあるんだろうけど

よりによって こんな 生活しづらいとこに

たくさんいるのも なんか不思議

bv11

恐いもの見たさ なのだろかな?

あやしい客引きインド人が多いとこですが

なんだかんだ このへんが一番安全なのかもね

bv10

洋服とか たくさん売ってます

値札なんかついてないので 交渉になるんだけど

聞いてみると メチャクチャ安い!!


そんでも こういうとこは 外人が多いし

物価は 高いほうなのだろな

bv13

仏教のお坊さんだな


いろんな宗教が混在してて いろんな姿のひと歩いてるけど

やっぱこれが 一番親近感あるだな


普段は なんとも思わないんだけどねえ

インド人のコスプレばっか見てると(ターバンだの サリーだのね)

ちと安心感あるわよう


コスプレじゃなくて ほんとのインド人なんだけどねえ

でも 長旅じゃなければ インドコスプレしてみたいな

サリーて なんか セクスィだしねえ

bv15

昨日 見かけたニューデリー駅前の食堂街

ここで 昼食だな


いろんなお店の客引きでいっぱいですが

気弱そうな人 選んで 入店です


やっぱ こんな 食べ物しかありません

bv16

いいかげん うぐ!

て かんじです

この頃から もうれつに ざるそば 食べたくなってきました


そんでは 次回は 駅の向こう側編 いくだよ

でわでわ

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ


■インド07 デリー徘徊編 旅立ちから47日目2


前回のつづきで まだまだ47日目のこと

vf01

んじゃ お腹いっぱいになったので 駅の向こう側に行ってみます


なんてのかな 歩道橋??

駅舎の左右に向こう側に行く 橋がかかってます

vf02

生理的なもんで 左側をセレクト

入り口で駅員さんが荷物検査してますが

見てると どうも外国人はそのまんまスルーしてるだな

この歩道橋は 駅のホームに向かうためのものなので

列車へのテロ防止なのかもね

vf03

ホームは16番だか 17番くらいまであります

バンコクや クアラルンプールのメイン駅と比べたら そーとー多いです

vf04

国土の広さ感じるだな


この列車 あまりのカッコ悪さに撮ってみた

vf05

なんなんだ このカクカクしたカタチ

大昔のロボットアニメかお! てかんじだ

vf06

貨物列車にのせる荷物を集めるとこかな

しばらく 作業みてたけど

きっと 行方不明になる荷物も多いだろね


わたしはそう考えてる(今ハヤってるらしい亀田父ブログ風)


vf07

駅の反対側の 駅前

ここ すげー暑いよ

一見 なんもなく ただ ひたすら広い駐車場のようなかんじ

なにかが あるまで ちみちみ歩きます


ニューデリー駅から 北のほうかな

vf08

5分くらいあるくと こんな道があります

vf10
本日も あいもかわらず クラクション地獄です


バンコクのバーでちとオハナシした フランス女性が

インドからタイ入りして しばらく 頭痛がつづいたので

病院に行ったら 鼓膜破れてた て 言うてましたが

なんとなく 納得

vf09

vf11

ここいらへんは 工業関係の道具屋さん?が立ち並んでる

ドリルだの コンプレッサだの 旋盤だの そんなんばかりだ

vf13

vf14

このへんで いきなり インド人に怒鳴られた

すげー剣幕だ


どうも 写真撮るな!! て事らしい

なんなんだよう しょぼん 思うてたら


どうも このへん 階段の入り口にあやしい男性がたくさんいる

なんだろな? あやしい商売してるのだな??

vf12

反対側から見ると 2階とか3階に すげー覇気のない女性たちが

うつろな顔で ぼけえ と外をながめてる


ぎゃ!? なんか こえー 人身売買組織かな??

1階は もうれつに健全な商店ぽいのに・・・


てか 気をつけて写真撮らないと

そのうち 亡き者にされるだな??

それにしても もうちと やさしく注意してくれてもいいのにね

vf15

ゴミです

あちゃこちゃ こんなかんじなので

街全体が 臭い! とうぜん ハエもすげー数

急激に経済発展中てことなら まず こいうインフラから整えないかな?


お金 みんな 一部のマハラジャのものかえ?

やっぱ インドと中国て 似てるのだな?

仲悪い国同士てのが おもろいだな


この ゴミ置き場曲がって 一本裏の道にはいりましょう

広い道は 暑くてしょうがない

vf17

裏も まだ工作機械屋さんだらけだな

vf16

おもろいもん見た

vf19

この子供が 果物の屋台から フルーツかっぱらった

杖のおじいさんが 「カァーッ!!!」て 叩こうとするんだけど

ひょい! てよけて 猛ダッシュ!!


大人が3人ほどで捕まえようとしたけど うまいこと ひょいひょいよけて

路地裏に消え去った


食べる為の戦いなのだな

どちらも がんばれ~~~ てかんじ

vf18

幼稚園の子かな ちょこまかしてて かわいいだな


さて 次回はこの路地をガンガン進みます


でわでわ 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へクリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ! 

 


■インド08 デリー徘徊編 旅立ちから47日目3

lk01


まだまだ前回からの続きで 47日目のコト

 

まるで迷路のようなオールドデリーの裏路地をウロウロです

lk02

裏路地というても どこもかしこも人ゴミです


このへんの子供は やたら疾走しまくりです

暑いのに元気だねえ 香辛料パワーかな?

小学校だか 幼稚園の制服はけっこーかわいい

lk04

進めば 進むほど人が増えてくる

わたし どこに向かってるのだろか?


そういえば みんなとりあえず どこだかに向かって歩いてるな

いままで通ってきた東南アジアの街よりは座り込んでる人は少ない

lk05

なんだかんだ それぞれ 目的や行き先があるということだな

こまごまと 仕事とかがあるのだな?

lk06

それにしても このリクシャて乗り物

どこにいっても人ゴミや渋滞なので

あきらかに 歩くより遅い気がする


なんでこんなもん 乗りたがる人がいるのやら 謎

わたしの場合は写真撮りながら歩きたいので無縁だけど

この乗り物も 渋滞の原因のひとつだろね

数 多すぎなんだよ!!


なんとなく この街

lk07

男の子同士が やたらベタベタしてる気がする

ちと 将来が不安

lk08

まあ 仲いいのは よいことだ

でも こいうの見てると 暑さが増す

lk10

ところどころに 鳩の巣箱がある

どこの国でも 平和の象徴なのかしら?

lk09

騒々しいとこだけど

このへんのほうが泊まってたら 楽しそうだな

lk11

けっこー安宿みたいのはあるけど

ここは旅人より 地方からの行商人ぽい人が多いのだそうだ

lk12

メインバザール周辺よりは ウソツキいなそうだしね

またデリーにくるとしたら そうしてみよう~~

lk13

よくよく見ると

この建物いつからあるの??

てな 建物が多い

lk14

こいう門みたいなトコとかね

いかにも 歴史かんじる


とは言うても 大事にされてるわけでもなさげ

こいうかんじの門は ところどころで見るけど

昔は 街を守る役目でもあったのかもだな

よく知らないので 余計な事言うのやめとこ

lk16

この建物も えらく古そう

細かい装飾もしてあって けっこー凝ってる


中覗くと おかあさんと 子供が三人 ゴロ寝してた

ちゃんと 家主なのかな?? てかんじ

lk15

しかし わんちゃん きもちよさげに寝てるだな

きっと 夜は凶暴になるかもだな

夜 部屋にいると 猛烈な犬の吠える声が聞こえるもの

lk17

幼稚園帰りの兄妹


事実上 ひとりっこの わたしは

こいう光景に弱い

書類上は ひとり 兄がいるけど ほぼ他人


それにしても こんなちいさくても

いとおしいものは 守る!て意思を感じるのだな

人間て すげー

lk18

ちと 大通りにでてきたよ


なんか疲れるなあ 思うたら

ちと ひとやすみするか て場所がないんだな


いままでの国だと マクドナルドだの

セブンイレブンだので ジュースでも買って

どこかに腰かけて 休めたけど

lk19

ここ どこもかしこも ゴミだらけだし

立ち止まれないくらいの 人の流れ

ううう ゆっくり 茶でも してーよう

lk20

たまに見かける こいう 水飲み場??


わたしも飲んでいいのかな?

てか 日本人が飲んで だいじょぶ?


さすがに 飲む勇気 でないだな?

飲んだ事あるひと だれか 教えて~~

lk22

やっぱ 臭いのキツさで 立ち止まれないのだな


ゴミのポイ捨て ツバ吐き プラス この暑さ

臭いの原因は 様々だ

lk21

こいうのに 慣れるのに 時間はかからないんだろうけどね

こいう街で うまいこと 体休める方法 考えないと

人だらけなのに 遭難しそうだよ


さらに 大きな通りにでてきた

lk23

重そうな荷物は込んでる人だらけ

中身 なんなんだろな?


運ぶ方法は ともかくとして

こんだけ 物が流通してるて事だな

こいう景色も 人口の多さをものがたってる


いくら ながめてても この街の 交通ルールは理解できない

ひとつ言えるのは すき間があれば そこに進め!!

てかんじかな?

lk24

むこうに 渡りたいけど

渡るタイミングがつかめない 姉弟


だれか 気づいて 止まってあげろよう!

そいう ゆとりは 感じない場所です


でわでわ ホテル方面に戻りつつ もうちとウロウロします

このへんは まだまだ おもろいので また来てみましょう


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へクリックちょんまげ!旅行記いっぱいだよ!
 

1  2  3  4  5  6  7  8