2009年9月アーカイブ

まだまだ カトマンドゥからの更新です

すげー お尻がいたいのです

貸し自転車で 観光スポット ちと見にいったのですが


ふだん ママチャリしか乗らないもんで

細いサドルの自転車が こんなに お尻にくいこむなんて しらなかったなあ

これも 慣れなのかね?

22

足が地面につく自転車もなく 止まるたびに ななめになるので

それも つかれたし


くうう ママチャリなら 最強なのになあ~

自分の自転車なら 気持ちよさげなのになあ~


てな 愚痴でした!


でわでわ


シンガポール編 のつづきです


====================================

■シンガポール07 シンガポール3日目の徘徊 旅立ちから24日目


本日は こんな 食事から始まります

qq01

春巻き おかゆ

あとは 写真を見て 味付けたまご と勝手にかんちがいした

謎のお菓子


仙台の銘菓 萩の月 に似た味でした


さて 電車に乗ってブギス て駅にやってきました


ブギスストリートてのがあって そこで Tシャツとか安く買えると聞いたからです

ここまで来る段階で 白いシャツは 駄目だ!! て 思い

全部 黒にしよう おもうたからです


理由はカンタン! よごれがめだたないからです

リュックの容量の都合上 Tシャツは3枚までしかもてないので

ここで 総入れ替えです


いままでのシャツは ここで捨て! です

いま思えば フィリピンか インドネシアで 入れ替えて

スラムの子に寄付すればよかったなあ と ちと後悔


買ったTシャツ ちと おもろいので いずれ紹介しますね~


てなわけで 駅についたのですが

qq02

むう? ブギスストリートないぞ~~??

おもうて地図を見ると 反対側の出口に出たみたいです


お! なんだ すぐ近くにラッフルズホテルがあるのね!!


じゃ ちと みにいこ!!


テクテク歩きます


ここも前に見てるのですが 車に中から見ただけなので

じっくり 見てやりまそ~

qq03

観光ぽい人が 何人か写真撮ってましたが

見れば見るほど 写真撮るほどのものか~?


とか 思いつつ まじって 撮ってます

qq04

お ホテルマンの衣装 かっくいいな!


スマイル スマイル スマイル と 3回ほど言いましたが

qq05

これが限度のようです


これでも かなり がんばって 笑ってるのです

qq06

西側から まわりこみ

qq07

中庭にある レストランを見にいきます


もちろん 見るだけです

qq08

ここは 有名なカクテル「シンガポールスリング」発祥の地

お酒ネタが好きなわたしは この部分だけ 感動!!


おかいものも できます

qq10

もちろん 見るだけです

qq12

ロレックスとか はいってますね

窓からちらっとのぞくと えらくゼロの数が多いプライスカードが見えます


でも ご安心あれ

わたしは 400ペソ(800円くらい)でロレックスが買える


いい店を知っているので

興味あるかたは おしえてあげます

qq11

階段とか 昔の建築のままなのか


近年に 昔の建築を意識して作ったのか 謎ですけど


妙におもむきがあります


ここに 50%OFF!! だの 激安 一斉閉店セールてなポスター

貼付けてやりたい気分です 



そろそろ ブギスストリート目指しますね


駅の反対側にいきます

qq13

ここは 駅ビルみたいなかんじです


ここを抜けて 道をわたると


ブギスストリートの入り口です

qq14

ここも 屋根付きの竹下通りなかんじですね

qq15

性趣商店 てのがありました

qq16

こいうのって 中国語で書くと なんか なまなましいのだな


性 の おもむき の 商店なのね


お買い物を済ませ 反対側に抜けると 突然 食材屋さんがあります

qq17

なぜ ここに?

てくらい 浮いてるのです


さてどうしよか??

あてもなく さまよいます

qq18

なんでしょか?これは? 団地???

ここ ぜったい 住みたくないなあ


クネクネ曲がったりして歩いてると

qq19

インターネットカフェがズラ~ て並んでるとこに きましたが

ほとんどシャッター降りてます


もう 昼すぎだぞ~~~


あちゃこちゃWi-Fi飛んでるから 需要なくなって つぶれたとかかな?

旅人には つかいずらいWi-Fiですが

qq20

このあたり どうも インド人ぽい人だらけだなあ

qq21

おもうてたら リトルインディアて駅をみつけました


リトルインディアてのは もうちと混沌としてて たのしげ!! おもうてたので


わりと いくの楽しみなほうの部類 思うてたのに


いつの間にやら きちゃってたのね


おもいきり つまんないし なんか がっかり

どっかに 混沌エリアあるのかな?

もしかすると お祭りがあるとか

宗教的な お休みデーだったかもね 


しかし この街 駅と駅の間隔 すげー近いのだな


むううう~~~

昨日 今日ウロウロしてて

つまんなすぎ!! さっさと マレーシア行こう!!


おもうたので


今日はこのへんで 宿の方に戻って ネットで 鉄道予約しよう!!


「自分のラップトップ使えますか~?」

「ノ~」


4件のネカェでことわられ ました


くそう 融通の効かないやつらだな


しょうがないので 5件目は なんも聞かないで

奥のほうの 目立たない席を確保し 勝手にLANケーブル差し替えましょう

qq22

しめしめ です


マレー鉄道のサイトを開き 予約開始です!!


むむ??


ぎゃああ まじかよう

5日先の列車まで 予約いっぱいぽいです

人気路線なのだな?


しのごの言うてられません 5日後のやつ 即予約です!!


E-チケットのデーターを メモリスティックでネカフェのパソコンに移動し


しれ~~ っと 「プリントおねがーいしまーす」 で 完了です!!


うううう

あと 5日も ここで なにすんだよう~~~

と ちと絶望的な気分です


まあ しかたない!! メシ食うてかえろう


このネカフェの横にも カレーラーメン ありました

qq23

また それ食うのかよう!!

と 思うでしょうが


げきうま!! なのです


でわでわ

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ   

カトマンドゥからの更新です

遠い異国の地より  キャノンさんの新作 7Dへの

物欲が ふつふつと めらめらと 燃えたぎっている

今日 このごろ です
 

さて あまりの おしりの痛さに

自転車は やめ スクーターを借りました

こりゃ いいねえ

www

でも 街を出る主要道路は ほとんど渋滞してるのねえ

街を出るのと 入るの のぞけば 快適なんだけどねえ


では シンガポール編のつづきです


もう ずいぶん前になるね


35日ほど前のオハナシになります


=================================================

■シンガポール08 4日目の徘徊 旅立ちから25日目


本日の朝食は こんなんです

ww01

インド料理屋さんなのですが

チャパティの生地に マッシュルームと 卵のせて 焼いたもの?


オムレツ 思うて 注文しましたが おいしーから いいか


んで これが 強烈です そーとー 濃い味

ww02

『茶』てだけで 買ってしまいましたが

羅漢果?? ていうのかな??

なんか 薬 飲んでる気分でしたが

のど乾いてたので 我慢して 飲みました


今日はシティホール駅で 乗り換えまして

ww03

ノースイースト線の プンゴルて駅にいってみましょう

まあ 北東線だね

得に理由は ありません


終点にいってみよーシリーズ~的な気分です


改札口の中からですね 景色見てみると

あまり下車したい気分にならなかったので 降りませんでした


この駅の一番上の階にあがると こんなんが走ってます

ww04

こんな線路の上を走るのです

ww05

こいうのは なんて乗り物なのかな?

この のりもの 運転手さんが いません

ww06
 

無人で こんなかんじで 住宅街を周回してるようです


のってみましょう

ww07

中はこんなかんじ~

ww08

右側 なんもないですね

狭い国なのに 土地は あまりまくりぽいです

ww10

反対側は こんな 同じようなビルだらけ

ww11

工事だらけなとこみると まだまだ こんなんが建っていくのでしょうね

ww12

ww14

みなさん このようなとこから 中心部にでてきて 仕事して

また夜になると ここに収まるかんじでしょーか


他の東南アジア諸国と違って 横に広がるスラム街的なものがないぶん

縦にガンガンのびてるかんじですかね


なんか 不思議だなあ どんなシステムなんだろか?


こんだけ統一感あるってことは

民間の建築会社が販売してるマンションて感じじゃないよね


そーいえば シンガポールには

ff09

あちこちに こんな国旗だらけの団地みたいのあるけど


これは 住民の意思?


国営住宅だよ~~ て しるし??


これ 日本国旗だったりしたら なんか こえー光景だ


んなわけで この無人電車も下車しなかったので

イージーリンクカードの残金も減らず

ww15

こんどは 反対側の終点 ハーバーフロントてとこに きました


こいうのも キセル乗車ていうのでしょかね?

反対側の終点 いうても たぶん 20分ちょいで 着いちゃうかな?


駅にくっついてるショッピングモールで カルボナーラ と トロピカルシェイク

ww16

合計 18シンガポールドル(1200円くらい)


ハーバーフロントてくらいだから 港なのね

ww17

ここは 船の乗り場みたい

インドネシアとか いく 国際船のようですね

ww18

これで インドネシアから来たら おもろかったかもなあ と ちと後悔


外にでると でけー船 停泊してますね

ww19

豪華客船てやつですね


なんとなく こいうのは一生 縁がなさげ な気がするねー


あ! 上通ってるケーブルカー? のってみよ


セントーサ島という観光島にいくやつですが

前にそこにいった時は 電車だったので


上からの 眺めを確認してみましょう


チケット売り場にいくとですね

なんか すげ~高い!!

よく見たら 島にいってからの 乗り物や アトラクションの券がセットになってるのね 

よくわかんないままに 50シンガポールドル(3400円くらい)のを購入

水族館とかにも はいれるらしい


上空は こんなかんじです

ww20

上から見ても この豪華客船 でけーです

プールとか ついてるのだな


ケーブルカー 外からまるみえなのね

ww21

これでは たてこんだ ラブラブはできません


でわでわ


次回 悪魔の棲む島 セントーサ編 いくです

 にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ    

まだまだ カトマンドゥにいます


高熱だしたりしましたが

無事 たちなおりました


フランス人が宿にわすれていったという

謎の薬が 効いたようです

ttt

写真ですが

観光スポットとかに こういう おじさん よくいます


自分から写真とっていいぞ~ とか いいながら

撮ると 金よこせ!! いいます


この手の商売は インドのバラナシのガンジス川沿いでも

よく見かけました


こーいう姿に どんな宗教的背景があるのかは 知りませんが

まあ 絵には なります


言い値では 20ネパールルピー(25円くらい)

支払ったからには プロの仕事してもらいます


表情やポーズに いちゃもん つけまくり

最後には 「こんなんで 金とるのかよう」言うてやります


20ネパールルピーで 20~30カット 撮りまくりです

半分 いやがらせだね


なんか こいう宗教を利用した こずかい稼ぎて なんか気にくわないのだな

そういえば アフリカのマサイ族とかも 普段はジーンズで生活してるけど

観光客くると 民族衣装に着替えて 金かせぎ てな ハナシ聞いたことあるけど

そんなようなものなのかも しれないだね



そんでわ シンガポール編のつづき~~

いきます!

========================================================
■シンガポール09 セントーサ島 旅立ちから25日目


前回のつづき です

 

ケーブルカーを降りますと こんなとこに到着します

tt01
 

みなさん 巨大なカブトムシの前で記念写真です

tt02

虫のテーマパークみたいのがあるようですが

ここで 写真撮る 意味は謎です


ケーブルカーの降り口の 目の前には

tt03

こんなんがあります

ただでさえ高いとこなのに さらに高いとこから

景色を眺めるマシーンです


わたしのチケットだと これはセットに含まれているようなので

のってみましょう


いまなら もれなく

tt04

巨大工事現場がご覧になれます

tt05

反対側は 海


こんなのもセットにふくまれてます

tt06

3Dメガネして すわってるとこが うごいたりして

バーチャル体験で 冒険するってな アトラクションです

tt07

はじまるや いなや トラブルで 完全ストップ

油圧系が抜けたかんじです


また はじめから やりなおしです


こんどは無事最後まで いきそうでしたが

そろそろエンディングか?てとこで また同じようなトラブルです


スタッフたちの もともとココでおしまいなんだよ~~

てな しれ~っとした芝居が 泣かせます

すげ~ モヤモヤしたまま 外にでます

所詮 チャイナクオリティ てとこですかね?

tt08


むう やっぱメガネしないと なんのことやらですね

tt09

水の公園もあり みなさん たいそう くつろいでます

tt10

こんな乗り物で島の反対のビーチエリアまで 降りていけるようです

1回乗るのに 10シンガポールドル(700円弱)だそうです


なんで? 5シンガポールドルて書いてあるじゃん??

言うたら

それは ライセンス料 とか いわれました


ほえ? ライセンス?? なんの??


ゴンドラで もどってこれる券は もっと高額です


こんなとこ 戻るもんか!! と 思い

1回乗車券 買います


この島の物価は ちと異常です


みんな だせー ヘルメットかぶってます

わたしは つねに マイヘルメットなので 安心です

tt11

てか このひとら

もちっと たのしそーに 乗れないもんかね

うしろのひと おしり ちゃんと おさまってるのかしら?


などなど おもいつつ

tt13

目の前には ビーチがひろがってます

tt14

奥に見える ふたつの屋根ですが

あそこが アジア大陸 最南端の地なのだそうです


なんとなく シンガポールが大陸の一部あつかい なのが

腑に落ちないかんじなので ちかよりません

tt15


しかし つくづく この手のところに

ひとりで 来るのって


想像してた以上に せちがらい!!


写真のカップルなんて

どーせ あと2~3週間で 破局なクセに

まやかしの ラブラブに ひたってます

やだね~ まったく

tt16
 

チケットにセットの イルカショーですが

背が ちいさすぎて なんもみえません


おもいきり 手のばして撮って この視線です

なにかが 行われている!! くらいにしか感じないので

さっさと 出ます


じゃあ 水族館いこー


おもうたら ここから とんでもなく遠いとこにあるようです

イルカショーて 水族館のちかくじゃないのかよ~ とか 思いつつ

tt17

こんなので 島内移動できるようなので のりこみます


写真にうつってる サングラス男性 と その横の女性 と 子供ふたり

4人家族でシンガポールにきてる フィリピン人一家でした


なんでも 旦那さんが ビーチバレーのコーチの仕事で

シンガポールにいるそうです


フィリピンて ビーチバレー 強いのかしら??


着いたのは 島のいちばん西

tt18

シロソビーチてとこです

tt19

妙に人工的な 不自然なビーチですが

まあ 夕焼けは奇麗だ


島内マップをながめてると

戦争博物館みたいのがあって

当時の大砲とか そのまんま 置いてるのだそう


夕焼けにシルエットでうかぶ 砲台とか

いい絵になるかも おもうて いってみます 


10分ほど あるきます


『PM6:00 CLOSE』 む?? いま なんじ??

PM6:10  じゃん  くそううう

tt20

とりあえず こんなんが 置いてあるそうな・・・・


まあ 水族館からは 近いので

よし とします

tt23

tt21

じつは 水族館マニアで

サカナ君マニアな私を うならせる展示物もなく

tt22

みどころと言えば この

tt24

タコのぬいぐるみ くらいなもの



さあ そろそろ 帰路につきますです

ケーブルカー乗り場にいくのは 金かかって シャクなので

電車でかえります


こんなバスで 島内の駅に向かいます

tt25

もう すっかり 日も暮れました

tt26

島をでて こんな駅に到着します

tt27

ここから 朝きた ハーバーフロント駅まで

tt28

ショッピングモールを抜けるとすぐです

tt29

ここで 前に書いた吉野家さん 発見したので

食うて かえりましょ


宿のちかくで ひとごみができてます


な! なにごと??!!

tt30

ワンボックス車の中に

たくさん インド系女性がつめこまれてます


ああああ


売春婦さんたち 摘発されちゃったかな??

不法滞在とかなのかな?


よくわかんないけど こいう摘発は

今日は どこ系の人とか 順番なのかしら?


むう 人種差別とかじゃないことを 祈りつつ

帰って 寝るだな


警官は どーみても

中国系が 多い気するしねえ


であであ

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ    

chanto ikitemasu

dewa dewa

chu!!

1  2  3  4